テレビ

福島原発の現状や廃炉は?最新情報を知るためのサイトはこちら!【報ステを見て】

福島原発の現状や廃炉は?最新情報を知るためのサイトはこちら!【報ステを見て】

 

この記事では、福島原発の現状と廃炉の状態、福島原発の最新情報を知るためのサイトについて深堀していきます。

 

福島原発の今はどうなっているのか…

あれからだいぶ経ちますが今年もまた3月11日がきます。

 

2011年のその時の事を私は今でも強く覚えています。

私はまだ結婚前で、丁度今の旦那になる予定の人と仕事帰りに待ち合わせしていた時に入ってきたニュースでした。

その当時とてもショッキングで、タクシーに乗りながらニュースを見ていました。

 

ただ、月日が経つとどうしても当時の気持ちが薄れてきます。

そしてすでにあれから何年もたち、その間に結婚して家族も出来ましたので日々目まぐるしく忙しく過ごしています。

ただそれでも毎年3月11日は訪れます。

 

私自身今年の3.11は、今一度、現在の福島原発について振り返ってみる良い機会だと感じ記事にして残しておくことにしました。

もし興味がある方は読んで、一緒に考えていきましょう。

 

 

福島原発の現状は?2019年の今はどうなっているのか?

福島原発の現状は?2019年の今はどうなっているのか?

本日報道ステーションのテレビで放送された、福島原発の現状について書いていきます。

 

まず、2019年の現状は、第1原発の高台の所まで防具なしで入ることができるようになりました!

これはこれまでの福島原発に関わってきた、携わってきた方たちの努力のたまものですね。

少しずつでもこのように進んでいくのは、とても凄いなと報道ステーションを見ながら思いました。

 

ただそれとは逆に、3.11から長い月日がたってしまったせいで、危険になったものがあります。

それは、排気塔です。

これまでに排気塔からは、放射線物質を含む水蒸気が放出されていました。

そのため、さびついてしまい撤去する必要が出てきたのです。

 

しかし、放射線量が高く人が近づくことができませんので、特殊な機械を使うしかありません。

その為別の場所に排気塔を新たにつくり、そこで今現在訓練が行われています。

このような前例のない訓練を24時間体制で行っているというのが今の現状です。

 

福島原発の廃炉は?どんな状況?

福島原発の廃炉は?どんな状況?
福島原発の廃炉は今どのような状況なのでしょう?

そちらも本日放送されていました。

 

まず今行っているのは、溶け落ちた核燃料「デブリ」の撤去です。

この核燃料のデブリは、3つ合わせて800トン以上あるといわれています。

 

その中で、最近2号機の中の映像が発表されました。

その映像は、下一面にデブリとおもわれる堆積物があり、上の方をみると柱などにもこびりついていました。

その内容から、70cmほどデブリは堆積しているようです。

 

このデブリにも種類があり、小石のようなものや平面に見えるものなど、色々とあります。

今の現状、内部の状況が映像でいくらわかったとしても、それを取り出せる技術がこの世の中にないのです…。

このデブリを撤去するためには、それにあったロボットを作る必要があるのですが、どれくらいの期間でそのデブリを取り出す機械やロボットなどが開発できるのかについては、言い切れない部分があるとされていました。

ですが、東京電力の30~40年で廃炉を完了するという意思は変わってないようです。

 

 

 

 

 

福島第一原発の最新情報を知るには?どうすればいい?

福島第一原発の最新情報を知るには?どうすればいい?
では最後に、福島第一原発の過去から今までの情報や、これから先の最新情報を知るためにはどうすればいいのかについてお話ししていきます。

 

結論からいうと下記のサイトで、過去から今後の最新情報まで確認できます。

テレ朝REC:福島第一原発

こちらは、報道ステーションが過去から現在まで記録してきたもので、過去の取材内容や写真などすべてそのまま残っています。

そしてその年数は8年間分あり、とても膨大な量の情報がいつでもだれでも確認できるようになっています。

福島第一原発の経過が知りたい場合は、ぜひこちらのサイトを活用ください。

 

 

今回のまとめ

 

今回は、福島原発の現状と廃炉の状態、福島原発の最新情報を知るためのサイトについてお話ししていきました。

 

福島原発の今後はとても気になるところですが、出来るだけ早く今の現状が少しずつでも改善するといいなと今回強く感じました。

ただ、私はあくまで外部の人間ですから、当事者の方々からすると自分の住んでいる故郷を奪われてとてもやるせない気持ちが今でもあることでしょう。

そればかりは自分が当事者になった時しか本当の気持ちは計り知れませんが、今いろんなところにいる当事者の方たちが少しでも元気に日々を過ごされているといいなと思いました。

 

今回はたまたま報道ステーションを見て気づかされましたが、今後も地震はどこに起きるかわかりません。

その時、自分の身に起きた時にどう思い、どう感じるのか?それは今の私ではわからないことですが、それでも毎日の生活を精一杯過ごし、何気ない事に感謝していくことが大切だと思いました。