花粉光環

花粉光環その条件や撮り方!月のような原理はどうして?

花粉光環その条件や撮り方!月のような原理はどうして?

 

この記事では、花粉光環とはどんなものなのかと条件、花粉光環の撮り方についてをご紹介していきます。

花粉光環が月のように見える原理についてもお話ししていきましょう^^

 

あなたは、花粉光環という現象を知っていますか?

とてもきれいなのですが、どういったものなのか気になりますよね^^

 

そして、よくテレビで紹介されている時、写真にキレイに撮っていますがどういった撮り方をすればきれいに映るのでしょう?

そんな花粉光環の疑問はこの記事を読んでもらえればバチっと解決しますよ☆

 

 

花粉光環は?どんなもの?

花粉光環は?どんなもの?

 

花粉光環は「カフンコウカン」と読み、他にも「花粉光冠」とも言います。

 

春頃にスギの花粉が出始めますが、その花粉がたくさん舞い散る時に太陽を見ると花粉がその周りに輪のように重なってみるものです。

輪のように重なる現象を光環(コウカン)と呼びます。

 

花粉光環の見た目は、太陽の丸い周りに綺麗な同じ円のように重なっていて色もとてもきれいです。

これは光の1つの現象で、虹のように7色くらいあるんじゃないかと思うくらいに鮮やかです☆

その虹色が幾度と重なりあっている場合もありますが、それも花粉がたくさん出る時期は特に鮮やかに見えます。

 

 

花粉光環の条件は?

花粉光環の条件は?

 

ではその花粉光環はどのような条件下で発生するのでしょう?

ちょっと気になりますよね^^;

花粉症の私としては花粉が大量に出ているかどうかの1つの目安にできるかな?とも考えてしまいました(笑)

 

そんな花粉光環の条件としては、

  • 空気が澄んでいて気持ちの良い日や、空がとても青く雲1つないくらいの天気の日
  • 花粉が大量に飛んでいる

というこの2つが合わさった時に起こります。

 

尚、いくら花粉がたくさん飛んでいても、曇り空だったり黄砂などで空気がよどんでいる場合は花粉光環は起きません。

くもっている時は空に太陽があってその周りに花粉光環が出ても、白く光るだけなので花粉光環として見ることが出来ないからです。

太陽がきれいに出ていないとどちらにしても良く見えませんし、区切りもわかりにくいですよね^^;

尚この花粉光環は、時間などには関係なく出現しますし、見え方もその時々で違いますから1つとして同じものがないのが面白いですよね^^

 

そんな「花粉光環」とはどんなものか気になりませんか?

ちょっと実際に撮ってくれている画像を探してきたのでご覧ください☆

 

↑こ、これは…かなり花粉が飛んでいますね!

虹の周りのわっかが何十にもなっているので、とても花粉が濃いのではないでしょうか^^:

 

たまにお天気情報など、テレビなどでもたまに放送されたりしますよね。

この時期ならでは…の現象です^^

 

花粉光環の原理として太陽が良く見えているときにあらわれると先ほどご紹介しましたが、この時絶対に太陽を直視しないようにしましょう!
目がやられてしまいます( ;∀;)

 

あとこの花粉光環は時に月にも出ることもあり、幻想的でとてもきれいです♪

月の時に現れる条件としては「満月」に近い時で、月が明るくなっていないと花粉光環は出ませんので満月近くで花粉がたくさん飛んでいる時期の夜、空を見てみましょう☆

尚、月は太陽と違って直視できますから、安心して花粉光環を見ることが出来ますよ!

 

↓のような感じで夕方の月の花粉光環はとても綺麗ですね~

 

 

 

花粉光環の撮り方は?どうすればキレイに映る?

花粉光環の撮り方は?どうすればキレイに映る?

 

では最後に花粉光環をきれいに撮ってみたい、という方の為に花粉光環の撮り方をご紹介しましょう^^

今回、ツイッターで探してみましたが皆さんとてもきれいな撮り方をしていますよね~

私は写真が苦手なので…とても尊敬です!

 

 

 

そんな私でもきれいに映せる、花粉光環の撮り方のポイントをご紹介していきましょう。

  1. 機器の精度を上げる
  2. 花粉光環が出そうな条件の時には空を定期的に確認する
  3. 青空になったら花粉光環が出ているかどうかすぐに確認する
  4. 太陽を直視しない位置で撮る

以上の4つですね^^

1つ目はスマホでも今の機種なら精度は大丈夫だと思いますが、よりきれいに撮りたい場合は、やはりスマホよりはカメラですし、カメラの中でも精度が高いものはきれいに写ります。

2つめと3つ目は似ていますが、花粉光環が出る時を前もって予測して、条件に当てはまる時にはその時々で空を確認しましょう。

良いカメラがあっても花粉光環そのものが出ていないと映す被写体がありませんから^^;

4つ目最後ですが、こちらは太陽の時に写真を撮る場合、花粉光環を撮ろうとして太陽を直視してしまうと目がやられます( ;∀;)

ですので、何か建物などの物陰に太陽を隠して、花粉光環だけを映すようにしましょう。

 

その点、月の花粉光環は撮りやすいと思いますよ♪

出た時はねらい目です。

 

 

 

 

 

今回のまとめ

 

今回は、花粉光環とはどんなものなのかと条件、花粉光環の撮り方についてをご紹介してきました。

 

花粉光環は、とてもきれいな花粉の時期にしか出ない現象です。

ただ太陽の周りに出ますので、くれぐれも直で見ないようにしてくださいね^^;

上手に花粉光環を撮るためには出来るだけこまめに空を確認して、花粉光環が出現したらすぐに撮るようにしましょう!

 

月にでる幻想的な花粉光環もおすすめです☆

花粉症はとても嫌で、今までこの季節があまり好きではありませんでしたが…(;^ω^)

こんなきれいな光の現象が見れるなら花粉も悪くないかな~なんて感じました。