桜滝(大分)

桜滝の行き方と駐車場☆時間はどれくらいかかる?

桜滝の行き方と駐車場☆時間はどれくらいかかる?

 

この記事では、桜滝への行き方と駐車場、桜滝を見て回るときの時間はどれくらいかかるのかについてまとめました。

大分県日田市天瀬町にある桜滝(さくらだき)「慈恩の滝」、「観音の滝」とともに天瀬の三瀑のひとつです。

滝が落ちる際の飛沫が無数の桜の花びらのように見えることから「桜滝」の名前がつきました。

日田市は「滝激戦区」と呼ばれるほど滝が多く、他の滝を見たついでに桜滝も見るというパターンが多いのですが、最近テレビ番組に取り上げられたのをきっかけに桜滝の知名度が上がってきています。

今回はそんな桜滝へのアクセスと駐車場情報、滞在時間などを紹介していきます。

 

桜滝に行った際に利用したい温泉や旅館についてはこちら↓に詳しくまとめています。

桜滝の温泉旅館宿!遊歩道がどんな感じなのかも紹介☆
桜滝の温泉旅館宿!遊歩道がどんな感じなのかも紹介☆ この記事では、桜滝の近くの温泉はどんなところかと、旅館での桜滝について、宿までの行き方についてまとめました。 さらに、桜滝へ遊歩道...

 

 

桜滝の行き方は?

桜滝の行き方は?

まず桜滝へ行く際のアクセスについて説明します。

電車でのアクセス
JR九州久大本線天ヶ瀬駅から徒歩で10分
 

次は車での行き方を2パターンご紹介します。

☆大分自動車道経由
 
  1. 県道52号から扇山の大分自動車道へ入る
  2. 玖珠町戸畑の県道54号まで進み、天瀬高塚ICで大分自動車道を出る
  3. 県道54号に入り、高塚愛宕地蔵尊入口を左折し国道210号に入る
  4. 五馬入口の交差点を右折、左折したら前方左側

 

☆国道387号経由ルート
 
  1. 県道52号から扇山の大分自動車道に入る
  2. 玖珠町 森の県道28号まで東九州自動車道/福岡-大分区間~国道387号/国道500号を進む
  3. 国道210号まで県道48号を進む」右折して国道210号に入る
  4. 五馬入口の交差点を左折、前方左側
※どちらのルートも有料道路を経由します。

 

桜滝の駐車場詳細はこちら!

桜滝の駐車場詳細はこちら!

続いて、桜滝に来た際に利用できる駐車場をご紹介していきます。

昔は天ヶ瀬駅の有料駐車場を利用しましたが、近年駅から100mほど先のところにトイレを備えた立派な駐車場ができました。

桜滝に来た際はここを利用するのがオススメです。

市営桜滝駐車場
住所:大分県日田市天ヶ瀬町桜竹
料金:無料
営業時間:24時間
トイレ有り
 

市営桜滝駐車場から滝までは徒歩で7分ほどです。

案内板が出ているので迷わず辿り着けます。

よく整備された平坦な遊歩道がるので歩きやすく、ベビーカーや車椅子でも問題なく入れます。

テレビ番組で話題になってから、駐車場も混むようになりました。

 

桜滝の時間はどれくらいで回れる?

桜滝の時間はどれくらいで回れる?

桜滝は1時間未満で見て回れます。

ここで桜滝の基本情報をまとめておきます。

所在地:〒879-4201 大分県日田市天瀬町桜竹
水系:玖珠川支流合楽川
落差:25m
 

比較的幅の広い滝水量が多く、水しぶきが大量に発生します。

水が澄んでいて川の流れがとてもきれいなのも特徴です。

 

現地の案内版によると、

「享和3年(1803年)に完成した豊後国誌によれば、「桜花瀧は五馬の荘桜瀧村にあり高さ五丈あまり、 砕け散ること花の如く、流化することスダレの如し」と紹介され、 江戸時代より文人、墨客に愛された滝である。
春は萌えいずる新緑の中に夏は水煙の花を吹き秋は紅葉の画題を供し、冬生む霧は仙境を思わせ四季それぞれの風情ある眺めを見せ、心ある人の詩情をそそります。」
 

と紹介されています。

江戸時代からの歴史ある滝なんですね。

その頃から今まで知る人ぞ知る秘境であり続けたという点もすごいです。

周りの草の茂り方や苔の生え方が神秘的で時間を忘れてしまいそうです。

滝つぼの近くまで行くことができますが、水しぶきで道が滑りやすくなっている場合はご注意下さい。

案内版にもありますが、桜滝桜や新緑、紅葉など季節によって違った景色を見ることができ、どれも素晴らしい絶景です。

朝早くには木漏れ日が差し込み、運がよければ虹がかかっているのを見ることもできます。

 

今回のまとめ

今回は、桜滝への行き方と駐車場、桜滝を見て回るときの時間はどれくらいかかるのかについてまとめました。

まとめますと、

  • 最寄りの天ヶ瀬駅から桜滝までは徒歩で10分
  • トイレのある市営無料駐車場が近くてとても便利
  • 回るのに1時間かからないけど、時間を忘れ長居したくなる癒されスポット

という内容でした。

昔の桜滝は、駅から踏切の無い線路を越えて畦道を進んでいくと突如目の前に滝が現れた!!という感じの隠れた名所でした。

遊歩道もできて観光地として人気になってきていますが、それでもまだ慈恩の滝などと比べたらまだマイナーな滝です。

静かな落ち着いた空間でマイナスイオンをたっぷり浴びることができます。

俗世を忘れ癒しを求めるならぴったりの場所ですので、ぜひお出かけしてみて下さい!