女性の体調

足の付け根が痛いのは生理前だから?他の原因や5つの対策もご紹介!

足の付け根が痛い

女性って、生理の前や生理中のトラブルが本当に多くないですか?

 

例えば、あなたは生理前のときに「足の付け根あたりが痛くなる」という症状が出たことはありませんか?

または、そういった痛みに毎回悩まされている・・・ということがありませんか?

 

 

私の場合も生理が始まる数日前~生理1日目くらいまでの間、足の付け根(内側の方)に鈍痛を感じます。

 

こういった症状のことを「PMS(月経前症候群)」といいます。

この名前をご存知でしたか?

 

この「PMS」・・・

悩んでいる女性は、かなり多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、今回の記事では、「PMS」の症状のうち、多くの女性が経験のある足の付け根の痛み」について、生理前だからなのか?ということと、その他の原因や「足の付け根の痛み」にしたい5つの対策をご紹介していきます。

 

こちらを参考にして、足の付け根が痛くなった時は対処してみてくださいね^^

 

 

☆こちらもよまれています^^

足の付け根の痛みが突然?急では?和らげる方法についても具体的に解説!

 

 

足の付け根が痛い 生理前のPMSが理由?

足の付け根が痛い

 

始めに、PMS(月経前症候群)とは、生理の10日前くらいから生理直前に起こる心や身体の不調のことを言います。

 

大抵は、生理が始まると無くなります。

この「PMS」は、多くの女性に自覚症状があるにも関わらず、名前の認知度は低いようです。

 

 

症状の種類は200種類以上あり、同じ人でも毎月症状が違うこともあるので、生理前にいつもと違う身体や精神的な変化があれば、「PMS」の症状と言ってもいいでしょう。

 

「足の付け根の痛み」以外にも、下記のような症状があります。

 

(PMSの主な症状)

  • 頭痛
  • 下腹部のハリ
  • 乳房のハリ
  • 肌荒れ
  • 情緒不安定

 

上記や、それ以外にもまだまだたくさんの症状がありますので、自分の症状を意識して、一度チェックしてみると良いですね?

 

 

足の付け根が痛い原因とは?

足の付け根が痛い原因

 

足の付け根の痛みの原因は、血行やリンパの流れが関わっているようです。

 

生理前はホルモンバランスの乱れや、自律神経の乱れ子宮の収縮によって、血液やリンパの流れが悪くなります。

 

足の付け根あたりにはリンパ腺がたくさんあるので、生理前になると痛みを感じるようです。

 

ただし、この足の付け根の痛みは「PMS」だけが原因ではない場合があります!

 

他にどういった原因があるのでしょう?

ご紹介していきます!

 

 

骨盤内うっ血症候群

「PMS」と症状が似ているので間違いやすいのが、「骨盤内うっ血症候群」です。

 

この場合、足の付け根の痛み以外だけでなく、具体的な症状は他にもあるので、日頃から症状を注意深く見ておきましょう!

 

PMSとの具体的な症状の違いは?
  1. おりものが多くなる
  2. 不眠になる
  3. 夕方~夜にかけて症状が悪化する

などです。

 

骨盤内うっ血症候群は、PMSと同様に生理が来ると症状が無くなるので、気づきにくいものです。

 

もし、PMSだと思って痛み止めを飲んでも、症状が軽くならない場合は、一度婦人科に相談してみるのがいいでしょう^^

 

 

妊娠の可能性

もう一つの「足の付け根の痛みの原因」として考えられるのが、妊娠です。

 

この場合の痛みは、子宮が大きくなることにより、骨盤などが圧迫されて、うっ血ことにより痛みを感じることがあります。

 

もしかしたら?と思ったら、一度妊娠検査薬を試されてみてくださいね^^

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

足の付け根が痛いときの5つの対策!

先ほど書いたように、痛みの原因が「PMS」の場合は、血行不良リンパの流れが悪いことが挙げられるので、そこを改善していけば、症状が緩和していくはずです^^

 

 

そこで、今回は簡単にできる対策を5つご紹介しますので、是非試してみてください。

 

 

1)マッサージで血行改善
マッサージ

 

マッサージやストレッチをすることで体内の血の巡りを良くしましょう!

軽い運動も血の巡りを良くしてくれますよ^^

 

 

マッサージはあなたご自身でされてもいいですが、旦那さんにお願いするか、エステなどでリラクゼーションで「オイルマッサージ」をしているところもおすすめです^^

 

私は自分でマッサージできない時は、エステなどでしてもらっていますが、オイルマッサージは丁度いい力加減で、とてもリラックスでき、眠ってしまうこともあるくらいです。

 

 

2)お風呂にゆっくり入る

 お風呂にゆっくり浸かる

 

特に生理中は低体温期なので身体が冷えやすくなっています。

足の付け根が痛いときは、あったかいお風呂にゆっくり浸かって、しっかりと体を温めてください。

 

 

※注意※

ただし!熱すぎるお風呂はNGです!

適温は、40~42度くらいがおすすめです。

 

 

3)温かい飲み物を飲む
暖かい飲み物

 

温かい飲み物を飲むのも体を温めるのに効果的です。

 

生姜を使った飲み物は血行を促進してくれるのでオススメの飲み物です。

 

 

私がいつも作っている「生姜湯」の作り方を記載しておきますね^^

 

(生姜湯作り方)

  1. お湯を沸かす
  2. コップにチューブ式の生姜(すりおろしがあればそれでもOK)を2cmくらい出す
  3. 2にお湯を注ぐ
  4. 好みで、はちみつや砂糖を入れると、さらにおいしいですよ^^

 

 

4)下腹部を温める
温める

 

生理中は下腹部を温めるのが定番ですよね?

 

カイロなどでお腹を温めていると多少痛みが和らぎます。

横になってからお腹を温めると、さらに効果的です!

 

 

5)漢方薬を試す
漢方薬を試す

 

あまりに症状が重い人には、漢方薬をオススメします。

 

ただし、漢方と一言で言っても、体格や症状によって使用するものが違ってくるので、あまり知識がなくて不安な方は、婦人科で相談して処方してもらうのが確実です。

 

 

足の付け根の痛みの原因と対処法 まとめ

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、女性に多い「足の付け根が痛い」場合の、理由や原因、対策についてお話しました。

 

 

「PMS」の症状を一つとっても、かなりの個人差がありますよね?

 

私の場合はまだ軽い方で、全然我慢できますが、なかには、足の付け根にズキズキ痛みが走って、歩いたり、かがんだりするのが大変な場合もあるかもしれません!

 

そんな場合は、無理をせず、すぐに上に挙げた対策を試してみてくださいね?

 

もしそれでも我慢ができない痛みであれば、一度病院を受診して相談してみることをおすすめします^^

 

たかが「PMS」だと侮らずに、早めの対策をしておきたいですね?

そうすれば、身体に負担もかかりませんし、ストレスが溜まることもないので、自分の症状と上手に付き合っていきましょう^^