女性の体調

産後に悪露の量が増えるのは?原因と終わらない時に気をつける3つの事!

産後の悪露の量とは?

女性は出産したら、産後は悪露がしばらくの間続きますよね?

 

私は出産前まで「悪露」(おろ)という言葉さえ知らなかったのですが、いざ出血の量を見て、ビックリしてしまいました^^;

 

初めての出産だと、どんな状態が大丈夫なのか分かりませんよね?

 

 

もし悪露の量が増えてしまった場合、ひょっとして病気なのでは・・・

と、不安ばかり募っていませんか?

 

 

そこで、今回の記事では、もし悪露が増えてしまった場合に、気をつけるポイントや、悪露の原因と正常なのはどういったことか?ということを、まとめました。

 

私の実体験も入っていますので、参考にして読んでいただけると嬉しいです^^

 

 

産後の悪露の量について悩んでいるのなら、是非読んでみてください!

 

もし、今から出産予定の場合には、悪露についての知識をここでつけておいて、産後に備えれば安心ですね^^

 

 

 

産後の悪露の量は?正常はどんな感じ?

 正常な悪露は?

 

そもそも正常な悪露とはどんな状態のことを言うのでしょうか?

 

悪露とは、出産後に子宮の中に残っている内膜や胎盤が血液と一緒になって出てくるモノの事を言います。

 

 

産後数日は鮮血がたくさん出ますが、1週間程度で大分量は少なくなってきます。

 

2週間目に入ると、悪露の量は多い日の生理の量と変わらないぐらいになってきます。

そして、色も鮮血から赤褐色に変化します。

 

その後3週間目には、もっと量が減り、色も黄色やクリーム色のおりもののようになってきます。

 

そして、4週間目には、大体の人はほぼ悪露が無くなるようで、一般的には約1カ月で悪露が終わることが多いようです。

 

 

帝王切開で出産した人は、経膣分娩の人よりも悪露が長引きますが、それでも長くて2ヶ月で悪露が終わるようです。

 

 

悪露が増える原因は何?

 悪露が増える原因

 

続きまして、悪露が増える原因についてご説明します。

 

悪露の量が増えたといっても、必ずしも子宮に問題がある訳ではない場合もあります。

そこで、悪露が増える原因を2つに分けて見ていきましょう。

 

 

一時的に量が増えた場合

 一時的に悪露の量が増えただけなら、子宮の中に残っていた胎盤等が動いた拍子に出てきただけなので、あまり心配はいりません。

 

この場合、数日様子を見ていれば収まってくるケースがほとんどなので、安心してくださいね^^

 

 

私の場合は?

退院3日目に、夜用の生理ナプキンではカバーしきれない程のレバー状の塊が出てきました。

 

病院に連絡したところ、少し安静にしていれば大丈夫とのことだったので、しばらく様子を見ました。

 

一時的ではあるものの、大量の血の塊が出たのでびっくりしましたが、悪露の量はその後、またすぐに減っていきましたよ。

 

 

 

上記わたしのような場合は、急にびっくりして不安もあるはずですので、どうしても心配な場合は、病院に一度電話して聞いてみるのもいいかもしれませんね^^

 

 

産後2週間たっても量が変わらない時や量が増えた場合

通常産後1週間ほど経つと、悪露の色が鮮血から赤褐色に変わりますが、2週間以上経っても鮮血のままで、量も減らない場合は、子宮復古不全を起こしている可能性があります。

 

「子宮復古不全」とは、子宮の収縮がうまくいかず、元の大きさに戻らないことを言います。

 

この場合、病院で何らかの治療をしてもらうことが出来るので、もし悪露の量が増えて1~2週間も経つようなら、子宮復古不全を疑ってください。

 

いずれにせよ、「悪露の量が減らない=子宮の回復が遅れていること」なので、様子を見て、悪露の量が減らない場合は病院を受診しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

悪露が終わらない時に気を付けるべき3つのポイント

悪露が終わらない

 

では、実際に悪露が終わらない場合、上で挙げた子宮復古不全以外にも、気をつけて見ておきたいことが3つほどあります。

 

いずれも、子宮の回復に関わる症状なのでチェックしておきましょう。

 

 

1)熱がある

産後の熱を産褥熱(さんじょくねつ)と言って、産道や子宮内に出来た傷が細菌に感染して発熱をすることがあります。

 

子宮復古不全の場合でも、発熱を伴うことがあるので、見分けるポイントの一つとして覚えておきましょう!

 

子宮復古不全でなくても、産褥熱が長く続くと重症化することがあるので、病院を受診することをオススメします。

 

 

2)悪露の匂い

悪露の匂いがひどい場合は、細菌に感染している可能性があります。

 

放っておくと膣炎になってしまうので、悪臭に気がついたら病院に相談をしましょう。

 

また、ナプキンをこまめに変えるなど、外陰部を常に清潔に保つように心がけてくださいね。

 

 

3)下腹部の痛み

産後は子宮が元に戻ろうと収縮するので、下腹部に痛みを感じることがあります。

 

産後1カ月まで痛みを感じることがありますが、1ヶ月を過ぎても、痛みが収まらない・痛みが激しい場合は、傷口から細菌感染を起こしているかもしれません。

 

 

我慢できない痛みであれば、早めに病院を受診してくださいね。

 

以上3つが、もし悪露が増えた場合には、症状も伴って出ることがあるので、自分の身体の変化をよく見ておきましょう!

 

 

産後の悪露の量についてのまとめ

いかがでしたか?

 

今回は、産後の悪露について、正常なときはどうなのか?増える原因と気を付ける3つの確認ポイントについてまとめました。

 

 

産後って、無理をして動きすぎてしまうと、様々な症状が出る可能性があります。

出産の疲労と赤ちゃんのお世話で、ママやお母さんの身体はクタクタです。

 

産後は身体を十分に休ませるように、なるべくゆっくりと休養してくださいね^^

 

そして、少しずつ元の身体の状態に戻していきたいですね。

 

 

また、悪露の状態は、身体の回復をはかるバロメーターのひとつですので、もし何か少しでも異変を感じたら、無理せず病院を受診てくださいね^^

 

赤ちゃんのお世話をするには、まずお母さん、ママの身体が回復していなければ出来ませんので、しっかりと休んで、元の元気な状態に戻していきましょう!