ショッピングモール・スーパー・ショップ

フルーツドレスの作り方と撮り方!赤ちゃんを上手にうつすには?

フルーツドレスの作り方

あなたは、今話題の「フルーツドレス」を知っていますか?

 

フルーツの柄の入ったドレスのことではありませんよ!

 

最近大人気の、「実際のフルーツをドレス型にカットして、それを着ているよう見立てる写真のこと」です^^

 

 

最近では、赤ちゃんに着せたりして、思い出の1つとして写真を撮るママも増えています。

 

しかし、初めての場合には、

 

「どうやって作るんだろう・・・」

「フルーツドレスは作れるけど、いざ写真を撮ろうとすると、上手に撮れない!!」

 

となかなか赤ちゃん相手だと難しいこともありますよね?

 

 

そこで今回の記事では、フルーツドレスの作り方と、写真を撮るときのコツ、さらに赤ちゃんを上手にうつすための方法をまとめました。

 

 

こちらを読んで、あなたの子供の成長の1つとして、思い出に「フルーツドレス」を着せた写真を撮ってあげてくださいね^^

 

 

 

フルーツドレスの作り方は?

フルーツドレス 作り方

 

では、まずどうやって作るのか?をご紹介していきます。

 

 

まず、用意するフルーツや野菜ですが、基本的には「どんなものでもOK」です。

 

スイカやバナナ、パイナップルと、どんなフルーツでも、フルーツドレスは作れます。

そして、用意したフルーツを洋服の形に切るだけです。

とても簡単ですよ^^

 

 

いくつかご紹介しますね。

 

例えば・・・

 

スイカやパイナップルなど切りやすい果物☆

  1. よく一般的に家族で食べる時のように▲の形に切ります
  2. 前から見て▲の形の先端部分を少しカットします
  3. すると細長い扇形になります

 

○先端を切ったスイカは、裾の広がったワンピースドレスみたいな形になります^^

 

パイナップルも同様の切り方で作れますのでおすすめです。

 

スイカや、パイナップルは、切り方によっては、様々な形のワンピースを作ることが出来ますし、男の子場合、ズボンの形にカットすることが出来るので、 instagram に投稿される時は、スイカが多いようです。

 

見た目も赤で栄えますので、赤ちゃんを可愛くみせてくれるからかもしれませんね!

 

 

☆グリーンレタスやブロッコリーなどのグリーンの野菜☆

 

○上下逆さまにすると、裾が広がったボリューミーなワンピースを作れます。

 

カットしなくて済むので、簡単ですね。

 

 

☆イチゴやブドウなどのカットできないフルーツや野菜☆

 

このような、もともとの見た目が可愛いものは、その形を生かしましょう!

 

○寝ている赤ちゃんのおでこ当たりにブドウのピントを合わせると、まるでブドウのカツラを被っているみたいになります。

 

 

○バナナ○

  1. 皮をむくだけでOKです^^
  2. むいたところから、バナナの中身が見えないように食べてしまいます
  3. 皮をむいたところに、体の上半身や首のところにピントを合わせます

 

○まるで、バナナから出てきた妖精みたいな写真が取れます。

 

 

どうでしょう?

素材に合わせて、ご自分の想像力を働かせてみましょう^^

 

 

私にはそんな想像力はないわと思う人は、インターネットで探してみると、いろいろ参考になる写真が出てきますよ。

 

上記以外にも、素晴らしいイメージを持った人が、インスタに投稿していたりもしますので、最初のうちは、そちらを参考にして、真似て作ってみてくださいね。

 

 

フルーツドレスの撮り方は?コツを紹介!

フルーツドレス 写真の撮り方

 

続きまして、フルーツドレスを写真に撮るときのポイントをまとめました。

 

大事なのは「遠近法」で、こちらを上手く利用して写真を撮ります。

 

 

(撮り方のポイント)

  1. フルーツドレスを着る人が、カメラから少し離れた位置に立つ
  2. カメラと被写体の間にフルーツを入れる
  3. ピントを被写体に合わす

 

「ピント」は必ず被写体に合わせましょう!

フルーツにピントを合わせてしまうと、何の写真かわからなくなってしまうので注意しましょう。

 

ドレス部分がボケ過ぎていてもいけませんが、それよりも、被写体がボケてしまうとせっかくの写真もいまいちになります。

ですので、「ピント」はフルーツドレスを着せる人に合わせるようにしてくださいね^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

フルーツドレス 赤ちゃんを上手に撮るには?

赤ちゃんとフルーツドレスの写真を撮る

 

では、先ほどの写真の撮り方を踏まえて、実際に赤ちゃんにフルーツドレスを着せて撮ってみましょう。

 

そこで、赤ちゃんを上手に撮るには、やはり寝返りが始まる前に撮るということが一番おすすめです。

 

寝返りがゴロゴロ出来るようになると、赤ちゃんを撮ろうにも上手に撮れませんよね?

かといって、寝ているときに写真を撮ると、せっかくの可愛い笑顔が撮れません。

 

 

なので、もし赤ちゃんの時に「フルーツドレス」の写真を撮っておきたいなら、寝返りを打ち始める前に撮るようにしましょう!

 

フルーツから出る腕や脚などの肌が見えていたほうが、本当にそのフルーツドレスを着ているように見えます!

 

赤ちゃんの体調のことを考えて、写真撮影は夏に行うか、秋・冬の場合は、しっかり暖房をつけて撮影しましょう!

 

 

 

しかし、もう寝返りし始めてしまっている・・・

でも撮りたい!

というお母さんもいますよね?

 

 

その場合には、1人で撮影せずに、お父さんに手伝ってもらいましょう!

 

その際、お父さんに写真を撮ってもらう役をお願いして、あなたは赤ちゃんをあやしましょう^^

 

やはり、毎日一緒にいることが多いママが乳児をあやしたほうが、機嫌よく撮影出来ます^^

 

 

あと先ほど寝顔だと笑顔が見れない・・・と書きましたが、赤ちゃんの内は寝顔も十分可愛いと私は個人的には思うので、寝顔バージョンのフルーツドレス写真もぜひ撮ってみてくださいね!

 

 

今回のまとめ

いかがでしたか?

今回は、フルーツドレスの作り方と撮り方のポイント、さらに赤ちゃんを上手に撮る方法をご紹介しました。

 

 

フルーツドレスの作り方、決して難しくありませんよね?

ママの想像力で、色々な面白写真が撮れるのでおすすめです^^

 

 

今、冷蔵庫の中には、野菜やフルーツが入っていますか?

 

もし入っているなら、赤ちゃんにフルーツドレスを着せて写真を撮り、ぜひ思い出の1枚にしてくださいね^^