グルメ PR

日比谷OKUROJIそそそ~その先へ~のメニュー揃えは?営業時間とアクセス方法も知りたい!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

画像引用:そそそ

今回の記事では、そうめん専門店「そそそ」の2号店が日比谷OKUROJIにできたということで、どういったメニューが並んでいるのか、営業時間やアクセス方法を調べていきます。

小豆島の光のそうめんに惹かれ、そうめんの新しい可能性を感じ、そうめんの魅力を世界に伝えるべく【たかがそうめん されどそうめん そうめんその先へ】をコンセプトに、2018年の東京・恵比寿にそうめん専門店「そそそ」が誕生しました。

2号店となる日比谷OKUROJIでは、小豆島の「島の光」最高品質の黒帯や金帯を使ったこだわりの食材や高級食材など、普段のそうめんでは食べることがない組み合わせで、そうめんの新しい価値観を生み出しています。

普段の食卓だとお手軽で簡単に出来るそうめんが一体どのような高級料理になっているのでしょうか!

気になるメニューや値段、「そそそ~その先へ~」へのアクセス方法を早速調べていくので、興味のある方は読んでみてくださいね(^^♪

 

日比谷OKUROJIそそそ~その先へ~のメニューを紹介☆やっぱり値段は高いの?


画像引用:そそそ

では、「そそそ~その先へ~」で展開されるメニューを一部紹介していきますね。

まずは、定番メニューからです。

そそそ~その先へ~定番メニュー

◇つけそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨800円

一番シンプルにそうめんの旨みを味わえる1品です。
つゆは、こだわりのかつおだしをベースにたまり醤油をブレンドしたそそそオリジナルです。

◇ふわふわ釜玉そうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨900円

卵白のみをふわふわのメレンゲ状にして濃厚な青森県じょっぱり卵の黄身をのせた1品です。

和風そうめん

◇ねばとろそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨1,250円

納豆、とろろ、オクラ、きゅうりの千切り、刻んだいぶりがっこ、大葉とかつお節で様々な食感と味わいが楽しめる1品です。

◇小豆島のジャコと貝柱のそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨1,500円

小豆島のオリーブオイルで揚げたジャコと、貝柱の旨みがたっぷりの特製のだしのあんかけがそうめんとよく絡む1品です。

パスタ風そうめん

◇明太クリームそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨1,250円

濃厚なクリームソースとぷちぷちはじける食感の明太子にハマって虜になる客が続出の「そそそ」の大人気商品です。

◇大葉ジュノベーゼそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨1,100円

ふんだんに使った特製ジュノベーゼソースをそうめんによく絡め、大葉と梅肉でさっぱり爽やかな味わいの1品です。

エスニックアジア風そうめん

◇冷やし担担そうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨1,200円

ごまと豆乳をベースに作った濃厚な坦々スープに甘辛い肉みそを溶かしながら食べるとコクのある濃厚な坦々そうめんになります。

このように、値段はカフェのランチと同じくらいですね(^^♪

でも、ディナーの時間になると値段が高いそうめんメニューも登場するんですよ!

プレミアムそうめん(ディナーのみ)

◇オマールのトマトクリームそうめん◇


画像引用:そそそ

値段⇨2,800円

オマール海老のだしで作った濃厚なオマールのスープにぷりっぷりのオマール海老を贅沢に使用した1品です。

2,800円のそうめん、一度は食べてみたいです!!

 

日比谷OKUROJIそそそ~その先へ~ のアクセス方法は?口コミではどんな反応?


画像引用:そそそ

次は、東京・日比谷OKUROJIにある「そそそ~その先へ~」へのアクセス方法について見ていきましょう。

◇住所◇
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-7-1
日比谷OKUROJI 

◇アクセス◇
東京メトロ銀座線新橋駅7番口 徒歩3分

◇営業時間◇
・ランチ 11:30~14:30(ラストオーダー 14:30)
・カフェタイム 14:30~17:00(ラストオーダー 16:30)
・ディナー 平日⇨17:00~23:00(ラストオーダー 22:00)
      土日祝⇨17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

定休日は、第一火曜日と年末年始になります。

さっそく食べに行ったという方のツイートを発見したので載せておきますね。

カレーそうめん、うどんより食べやすそうで一度味わってみたいですね!

 

日比谷OKUROJIそそそ~その先へ~は今までのそうめんの価値観が変わる!高級そうめんを味わおう♪ 

今回の記事では、そうめん専門店「そそそ」の2号店が日比谷OKUROJIにできたということで、どういったメニューが並んでいるのか、営業時間やアクセス方法を調べてきました。

値段は、ランチだと1,000円前後ですが、ディナーになると2,500円以上の高級そうめんも登場します。

◇住所◇
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-7-1
日比谷OKUROJI 

◇アクセス◇
東京メトロ銀座線新橋駅7番口 徒歩3分

◇営業時間◇
ランチ 11:30~14:30(ラストオーダー 14:30)
カフェタイム 14:30~17:00(ラストオーダー 16:30)
ディナー 平日⇨17:00~23:00(ラストオーダー 22:00)
     土日祝⇨17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

定休日は、第一火曜日と年末年始になります。

夏に食卓に良く出される手軽なそうめんが、こんなに手の込んだ美味しそうな料理に変わりました!

そうめんのつるっとしたのどごしと、どうマッチした味になっているんでしょうかね(#^^#)

興味のある方は、ぜひその舌で味を確かめてみてくださいね♪

今回の記事で紹介した「そそそ~その先へ~」でも使われている小豆島の高級そうめんはこちらです。