あいち航空ミュージアム

あいち空港ミュージアムの予約は?営業時間も!展示してある飛行機はどんなもの?

あいち空港ミュージアムの予約は?営業時間も!どんな飛行機があるのかも詳しく説明!

11月30日にオープンされたあいち空港ミュージアムですが、飛行機ファンはぜひとも見に行きたいところですね^^

 

飛行機の展示されたミュージアムは、初めてのものなので、大人だけでなく子供でも、思いっきり楽しめそうです!

 

 

でも、行く前に少しだけ、どんな飛行機が展示されているか?気になりませんか?

 

そこで、今回の記事では、あいち空港ミュージアムの予約と営業時間、ミュージアム内の飛行機の展示についてまとめました。

 

こちらを参考にして頂き、家族でぜひあいち航空ミュージアムに足を運んでみてくださいね!

アクセスや駐車場などはこちらからどうぞ^^

 

 

あいち空港ミュージアムは予約できる?

あいち空港ミュージアムは予約できる?

 

まず、あいち航空ミュージアムの予約についてご紹介します。

 

あいち空港ミュージアムは、10名以上の団体から予約が可能となっています。

10名以下である個人や家族の場合は、来館しての「チケット購入」となります

入場料はこちらから!

 

10名以上の団体での予約方法は、これからあいち航空ミュージアムの公式サイトに予約するための書式が載る予定となっています。(※問い合わせて確認しました)

 

予約書式をダウンロードして、書式を記入してからファックス等での予約になる予定です。

 

 

 

あいち空港ミュージアムの営業時間は?

あいち空港ミュージアムの営業時間は?

 

次に、あいち航空ミュージアムの営業時間についてご紹介します。

 

あいち空港ミュージアムの営業時間は、10時~19時となります。

最終入館は、18時30分になりますので、夕方から行く場合は、注意してくださいね^^

 

 

あと、休館日は火曜日となります。

ただし、火曜日が祝日の場合は、翌日が休館となります。

 

 

公式サイトには、休館日などがカレンダーに載っていますので、こちらも確認して予定を組んでみてはいかがでしょうか?

 

開館予定カレンダー

https://aichi-mof.com/guide/index.html

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

あいち空港ミュージアムの展示は?どんな飛行機があるの?

あいち空港ミュージアムの展示は?どんな飛行機があるの?

 

最後に、あいち航空ミュージアムの展示機について簡単に説明します!

※ここに記載がある展示機は、2017年11月30日~のものです。

しかし、いつまで展示されているかは、こちらではわかりかねますので、ここに情報がある飛行機が見たい場合は、行く前に、一度あいち航空ミュージアムにご確認ください!

実際に見てきました!感想とともに^^

 

 

初の国産旅客機「YS-11」や、国産初のジェット旅客機「MRJ」など、三菱重工業が開発した機体を中心に展示されています!

 

 

展示1 YS-11

 

☆用途・・・旅客機、中型輸送機

☆外寸法・・・全幅32m、全長26.3m、全高8.89m

 

双発のターボプロップエンジン旅客機です。

第二次世界大戦後初めての日本メーカーが開発した旅客機です。

 

初飛行が昭和37年8月30日で、退役が平成18年9月30日となっていますが、自衛隊ではまだ現役のようです。

 

 

 

展示2 MU-300

 

☆用途・・・多用途

☆外寸法・・・全幅13.25m、全長14.75m、全高4.2m

 

初飛行が昭和53年8月29日で、双発のビジネスジェット機になります。

現在の「ホーカー400」となります。

 

 

 

展示3 MH-2000

 

用途・・・民間用ヘリコプター

☆外寸法・・・全幅12.2m、全長14m、全高3.8m

 

初飛行が平成8年7月29日で、日本で初めてとなる機体・エンジンともに純国産の民間用双発ヘリコプターになります。

 

 

 

展示4 MU-2

 

☆用途・・・多用途

☆外寸法・・・全幅11.95m、全長12.025m、全高4.17m

 

初飛行が昭和38年9月14日で、日本発のビジネス飛行機となります。

 

 

 

展示4 名市工フライヤー

 

☆外寸法・・・全幅9.5m、全長5.85m、全高2.9m

 

こちらは、なんと名古屋市立高等学校の生徒が作成したものとなっています!

高校生が作成した飛行機・・・とても興味が出てきます^^

 

平成28年1月28日に、有人飛行に成功した飛行機がこの名市工フライヤーです。

 

 

 

展示5 零戦

 

☆用途・・・艦上戦闘機

☆外寸法・・・全幅・・・11m、全長9.121m、全高3.509m(五二型甲)

 

こちらは、学校の授業や戦争のドラマなどで聞いたことがあるかもしれませんね?

第二次世界大戦期における日本海軍の艦上戦闘機になります。

 

生産数は、日本の戦闘機では最多の1万機以上と言われています。

初飛行は昭和14年4月1日で、退役が昭和20年8月となっています。

 

 

 

他にも、飛行機が展示されているだけでなく、飛行機の歴史を学べる「オリエンテーションシアター」や、飛行機の飛ぶ仕組みを見て楽しく学べる「サイエンスラボ」などもありますよ!

 

また、「フライングボックス」というサービスでは、空の世界を体感する事も出来ます!

100cm未満の幼児は搭乗できませんので、注意しましょう

フライングボックス、すごく混んでいましたよ~

 

 

展示機以外にも、見どころがたくさんありますので、ぜひ家族で楽しんでくださいね!

 

 

 

今回のまとめ

いかがでしたか?

 

今回は、あいち航空ミュージアムの予約と営業時間、さらに展示されている飛行機についてまとめました。

 

 

再度まとめると、

 

あいち空港ミュージアムは、10名以上の団体から予約が出来ます。

10名以下の家族や個人の場合は、予約はできませんので、来館してチケットを購入して下さい。

 

また、あいち空港ミュージアムの営業時間は10時~19時までとなっています。

最終入館出来るのは18時30分までですので、注意しましょう!

 

休館日は火曜日となっていますが、火曜日が祝日の場合はその翌日が休館日となります。

 

 

あいち空港ミュージアムには、三菱重工業が開発した機体が中心に展示されています。

 

しかし、展示されている飛行機以外にも多くの楽しみ方があり、飛行機の歴史や飛ぶ仕組みを学び、見て触ることができるので、そちらもおすすめです^^

また、空の世界を体感する事も出来るサービスもありますので、大人も十分に楽しそうですね。

 

 

あいち航空ミュージアムは、大人から子供まで一緒に楽しめる施設となっています^^

 

飛行機の好きな方だけでなく、小さな子供がいる家族連れの場合にも、楽しく過ごせるサービスがたくさんありますので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?