お歳暮

お歳暮のお礼 お返しは?電話や手紙はどうすればいいの?

お歳暮のお礼 お返しは?

だいぶ、涼しくなりもうすぐ冬の季節ですね^^

 

12月といえば、「お歳暮」の時期ではないでしょうか?

 

 

もし、今年が結婚してから初めての年末の場合、まだ「お歳暮」について、よくわかっていないのではないでしょうか?

 

しかし、そんな時に義両親からお歳暮が届いたら・・・

どのようにすれば失礼がないのでしょう?

 

 

初めての年末の場合、今までそういった風習がない家もあるため、

「どうすればいいのかわからない・・・」

 

と悩んでしまうかもしれませんね?

 

 

そこで、今回の記事では、お歳暮をもらった場合のお礼はどうすればいいのか?電話やお礼の手紙はどうすればいいのか?についてまとめました。

 

初めての事だと、いろいろと戸惑ってしまうかもしれませんね^^;

 

その場合は、今回の記事を参考にして頂き、少しでも相手の方に失礼のない様にしていきたいですね^^

 

 

 

☆お歳暮ではこちらの記事もおすすめです^^

 

 

 

お歳暮のお礼 お返しはどうする?

お歳暮のお礼 お返しはどうする?

 

「お歳暮」とは、ごろお世話になっている、目上の方への感謝の気持ちとして贈るものです。

なので、やっぱりお返しが必要なんじゃないのかな・・・と思ってしまいますよね?

 

 

では、もしお歳暮が届いた場合、どのようにすればいいのでしょうか?

 

 

いろいろな説があり、どれが正解ということはないのですが、基本的にはお返しは不要となります。

それは、お歳暮には本来「お返し」というものがないからです。

 

なので、一般的に、もし頂いた場合には「お礼状」などで感謝を伝えます。

 

 

しかし、最近は「お歳暮返しをする」という習慣を持つ家庭もありますね。

 

ですので、その場合は失礼にならない様に、「お返し」をしていきましょう^^

 

 

 

お歳暮のお礼 電話をした方がいい?

お歳暮のお礼 電話は?

 

では、「お歳暮」が届いた時には、まずどうすればいいのかご説明しますね。

 

まず、最初にしなければいけないのは、お歳暮が届いたらすぐにお礼の電話をするということです。

 

そこで感謝の気持ちを伝えましょう。

 

このお礼の電話は、早ければ早いほどいいです^^

 

「お歳暮が届いたけど、どうしよう・・・」と迷っていたり、ついつい後回しにしていると、電話をする機会を失ってしまいますので、お歳暮は届いたその時点ですぐに電話するといいですね^^

 

 

また、最近では「メール」でお礼をする方法もあり、時と場合によってはメールでお礼する方法も取り入れたいですね。

 

 

しかし、やはり相手が目上の方や年配者の場合には、メールでのお礼は控えた方がいいです。

 

メールだと、相手との受け答えがなく、一方的なものとなりますし、送った際に必ず相手に届いているかどうかが確認できません。

 

確認をするためには、結局電話などでお聞きしないといけないので、それならば初めから電話で「お礼の気持ち」を伝えましょう^^

 

また最近は、一部LINEなどの既読表示があるアプリもあり、わかりやすいかもしれませんが、年配者だとそもそもラインなどのアプリを使っていない場合も多いので注意が必要です。

 

 

以上のことから、やはり「御礼」は電話できちんと感謝を伝えることが一番ではないでしょうか?

 

頂いた方に直接、お礼を言うのがベストですね^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

お歳暮のお礼 手紙はどうする?

お歳暮のお礼 手紙は?

 

では、いただいた場合電話だけで済ませてもいいのでしょうか?

 

最近では、よほど格式が高い家系でない限り、電話でのお礼で済ます場合が多いです。

 

しかし、親しい間柄あればそれでもいいのですが、基本的には「お礼状」を書いて送るということは覚えておきましょう。

 

 

そして例外として、結婚してすぐの場合にはなるべく「お礼状」を書くことをおすすめします。

 

初めてのお歳暮なので、親戚や義実家に対して失礼にならないようにした方が良いからです。

 

 

さらに「手紙」を書くことで、感謝の気持ちも伝えることが出来ますので、とてもおすすめです^^

 

 

 

今回のまとめ

お歳暮のお礼 まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、お歳暮のお礼はどうすればいいのか?電話や手紙はどうすればいいのか?についてまとめました。

 

 

日本にはいろいろな風習があり、それのマナーがあります。

 

今後、相手の方と長く円満にお付き合いをしていきたい場合、やはりマナーを知り、しっかりと対応していくことが必要になります。

 

それを知らないと、あなた自身も困ることになりますので、ぜひしっかりと覚えておき、いざというときにすぐ分かる様にしておきましょう^^

 

 

そして、やはり「お歳暮」をいただくという事は、お相手からの感謝や気遣いです。

 

その気持ちを一番に考え、頂いた方に対して感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしていきたいですね。