クリスマスの飾りつけ

クリスマスのリース 玄関には?いつから?内側に取り付ける方法もご紹介!

クリスマスのリース 玄関には?いつから?内側に取り付ける方法もご紹介!

いつの間にか、街中や家々にも「クリスマスリース」が飾られている季節となりました。

 

そんな街中や、家々に飾られているリースをみて、

「リースはいつから飾ればいいのかな?」

と疑問に思う事ってありませんか?

 

「リース」って、一度も飾ったことがない場合だと、付け方やいつ飾ればいいのか・・・なんて、なかなかわかりませんよね^^;

 

 

そこで、今回の記事では、クリスマスリースを玄関につける方法と、いつからつければいいのか?さらに、玄関の内側に取り付けるリースについてご紹介していきます。

 

 

「今年のクリスマスには、リースをつけてみたい」と考えている場合は、こちらの記事を参考にしてみてください!

 

そして、あなたの家の「玄関」をオシャレに飾ってみてはいかがでしょうか?^^

他にも、玄関を簡単に飾る方法は?

 

 

こちらのクリスマスの記事も合わせてどうぞ!

子どもと一緒に出来る、クリスマスのゲームは?

クリスマスパーティーをする時の飾り付けは?

 

クリスマスのリース 玄関に取り付けするには?

 クリスマスのリース 玄関に取り付けするには?

 

クリスマスの「リース」を取り付けるにはいくつか方法があります。

 

今回は、簡単にできて玄関の扉を傷付けない方法をご紹介します。

 

ご紹介するのは、全て「フック」を使って引っ掛けるというやり方です。

 

フックを使用するの場合は、事前にリースにフックに引っかけるための「輪っか」をリボンで作っておいてください。

 

 

1)マグネット式フック

 

玄関扉の飾りたい位置に「マグネット式フック」を付けて、事前に作ったリースの輪っかをフックに引っ掛けて完成です。

 

 

リースを取り付けするときの注意点は?

 

 

 

2)吸盤式フック

 

張り付ける前に、接着面(玄関扉)の汚れを綺麗に拭き取りましょう!

 

吸盤式フックを取り付け、事前に作ったリースの輪っかをフックに引っ掛けて完成です。

リースを取り付けするときの注意点は?

 

 

↓こういった、リースの重さに耐えられる強力な吸盤式フックをホームセンターやインターネットで探して取り付けましょう^^

 

 

 

 

3)貼り剥がし可能な粘着式フック

 

吸盤式と同様に、最初に接着面の汚れを綺麗に拭き取ってください!

 

粘着式フックを貼り付け、事前に作ったリースの輪っかをフックに引っ掛けて完成です。

リースを取り付けするときの注意点は?

 

粘着式といっても綺麗に貼り剥がしができるフックですので、扉を傷付けず安心です。

 

 

粘着式だとどうしても耐荷重量が低く、リースが重いものだと耐え切れない場合がありますので、注意して選びましょう!

 

 

貼り剥がしができるもので、私の家でもよくつかう「コマンドプロ」のものでも、フック付きだと、調べた限りでは↓の耐荷重量が2kgまでものしかありませんでした^^;

リースなので2kgあれば十分かもしれませんが、大きさにより不安定になるといけませんので、耐荷重量は大きめのものにすることをおすすめします。

 

もし不安がある場合は、実物を見れる、ホームセンターなどで店員さんに聞いて購入するといいかもしれませんね^^

 

 

 

4)リース用ドアフック

 

必ず、事前にドアの厚みを確認してください!

 

玄関扉の上部に「リース用ドアフック」を挟み、事前に作ったリースの輪っかをフックに引っ掛けて完成です。

 

玄関扉の厚みを確認しないと、扉を閉められなくなるので、必ず確認するようにしましょう^^

 

リース用の製品なので、↓のようにデザインが可愛いものもあり、おすすめです!

 

 

 

クリスマスリース 玄関にいつからつけていいの?

 クリスマスリースを玄関にいつからつけていいの?

 

クリスマスのリースですが、いつからつけてもいいのでしょうか?

 

自分で付けたことがない場合だと、他の家を見たらいつの間にかついていた・・・という風にしか気づけないので、なかなか気にしませんよね^^;

 

 

正式な、本来のキリスト教のクリスマスでは、11月の終わりから1月5日まで飾っています。

 

しかし、日本では正式な時期は決まっていません。

 

なので、大体11月の終わり頃に飾り、クリスマスが終わった12月26日以降に外すのがいいのではないでしょうか?

 

日本では、クリスマスの後には「お正月飾り」を飾りますので、早めに撤去していくのが一般的ですね^^

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

クリスマスのリースを玄関の内側につけるには?

 クリスマスのリースを玄関の内側につける時は?

 

どうしても玄関扉にリースがつけられないときは、内側に飾ってもインテリアとして可愛いですね^^

 

そのとき、リースを飾る場所は「玄関棚の上の壁」がおすすめです^^

 

玄関の棚の上の壁なら、落ちてきても危ないということもなく安心ですし、棚にもディスプレイする場合には、併せてクリスマス仕様にできますよね^^

 

 

そして、玄関棚の上の壁に飾るなら、先程挙げました「取り外し可能な粘着式フック」がいいですよ!

 

周りにウォールステッカーを貼ったり、ガーランド(紐飾り)を飾ったりしても賑やかになります。

 

 

また、玄関扉に取り付ける「リース」はスタンダードなもの(緑に赤のリボンなど一般的なイメージのクリスマスリース)がムードを伝えやすいですが、玄関の中ならば、多少アレンジして、自由さを出してみてもよいと思います!

 

ぜひ、いろいろと楽しんでみてくださいね^^

 

 

では、ここで例として、私の叔母のリース作品をご紹介しますね^^

 

 

フラワーアレンジメントで作られた作品です↓

フラワーアレンジメントのリース

 

花飾りに、赤いリボンとベルで大人可愛いクリスマスリースです。

玄関が一気に華やぎますね^^

 

 

また、同じくフラワーアレンジメントで「四角いリース」というものもあります↓

四角いリース

 

リースとは花冠のように植物を使った「輪」を意味します。

 

でも、時にはその概念から外れても、十分にクリスマスのリースとして玄関を楽しく彩ってくれると思います^^

私はこの作品、大好きです!

 

 

これは一例ですが、玄関の中であれば、自由な発想でリースを飾ってもいいのではないでしょうか?

ぜひ、いろいろと工夫してみてくださいね!

 

 

今回のまとめ

いかがでしたか?

 

今回は、クリスマスリースを玄関につける方法と、いつからつければいいのか?さらに、玄関の内側につけるリースについてもご紹介しました。

 

 

再度まとめると、

 

☆玄関扉に飾るリースは、マグネット式・吸盤式・貼り剥がし可能な粘着式・リース用のドアフックでの取り付けがおすすめです。

 

☆クリスマスリースは11月の終わり頃から飾り付け、12月26日以降には外したほうが良いでしょう。

 

☆玄関棚の上の壁にクリスマスリースを飾るなら、「貼り剥がし可能な粘着式フック」がおすすめです。

また、玄関の中なので、自由な発想でクリスマスリースを飾ってみてくださいね^^

 

 

本来の「クリスマスリース」は魔除けや、新年の幸福を祈る飾りとして飾られています。

 

ただ、日本ではそういった意味で飾る人は少ないかもしれませんが、それでも、クリスマスにリースを飾ることで人を幸せな気持ちにする効果がある気がします^^

 

皆さんも、今年はクリスマスリースを是非飾って、クリスマスの雰囲気を楽しんでくださいね!

 

クリスマスに玄関を飾るアイディア、他には?

玄関の棚やイルミネーションの飾り付けは?