シャッター

台風で雨戸がないときは?効果的な対策をご紹介します!


今年もそろそろ本格的な台風シーズンがやってきます!

 

毎年さまざまな被害が出てしまう台風に対し、家族や自宅を守るためには、事前にいろいろと対策しておきたいですよね?

 

その中でも、わたしたちにとって身近な雨戸やシャッターですが、、、それぞれの家庭で付いていない場合もあります。

 

しかし「まぁ付いていなくても支障ないし・・・」と、ついついそのままにしてしまい、台風の時になって、「やばい!なんとかしないと、窓ガラスが割れてしまう危険があるかも・・・」と、不安になりませんか?

 

そこで今回の記事では、雨戸やシャッターがない場合には、どのような対策をすればいいのか?というポイントをいくつかご紹介します。

 

台風が来る!という情報が入ったら、ぜひこの記事を参考に対策してみてくださいね!

 

あなたにとって、少しでもお役に立てればうれしく思います^^

 

 

 

雨戸が無い場合の効果的な対策はこれ!

雨戸は、マンションや団地では付いていないところが多いですよね?

 

私も雨戸が付いていないマンションに住んでいたので「怖いな・・・」と思ったことが何度かあります。

窓ガラスが割れてしまったら危険ですし、後の処理も大変です。

それでは、雨戸が無くても事前に出来る対策をいくつかご紹介します。

 

 

フィルムを貼る

ガラス飛散防止フィルム、防犯フィルム、プライバシーフィルムなどを貼ることでガラスの飛散を防止できます。

 

自分で貼れる物が売られていますし、水で貼ることが出来るタイプも売られているので賃貸でも安心です。

 

粘着タイプの物は剥離剤を使用しないと剥がれないので、よく見て購入してください。

 

ガムテープをクロスに貼る

フィルムは買いに行かないと無いため、急きょ対策するには時間が無い場合がありますよね?

そんなときに、意外と効果的なのがガムテープです。

 

台風の時は、飛んできた物でガラスが割れる場合もありますが、風圧で内側に膨らんでしまって、部屋の中に飛散してしまう場合もあります。

 

それを防止するために、ガムテープを窓ガラスの内側にクロスに貼ります。

上下に分かれている窓は、上下それぞれにクロスに貼ります。

 

布テープだとさらに強度が増すのでおすすめです。

布テープを貼った場合は、台風が過ぎた後にすぐ剥がしてください。貼りっぱなしにしておくと、痕が残ってしまい、掃除も大変になります。

 

プチプチや段ボールで補強する

時間があれば、ガムテープで補強したガラスの上からプチプチや段ボールでカバーするとさらに強化できます。

 

ガムテープを使って隙間が無いようにしっかり貼りましょう。

こちらも、台風通過後にすぐに剥がすのを忘れないようにしましょう!

 

食品用のラップを貼る

手元にフィルムもガムテープもない場合は、食品用のラップを重ね張りすることでも効果はあります。

 

しかしカバーできる面積が狭いため、ラップの消費量も多くなりますし、効果も弱くなります。

何もしないよりは安心ですが、出来ればガムテープは切らさないようにしておきましょう!

 

最後にカーテンを閉める

上記の対策をした後、とりあえずカーテンは閉めましょう。

万が一ガラスが割れてしまっても、部屋の中に飛散することは防げます。

 

 

雨戸がある場合は?

雨戸がある場合のこともご紹介しておきます。

まず、雨戸は必ず閉めましょう!

 

堅いものが飛んでくるのももちろん危ないですが、台風の強力な風に乗ると軽いサンダルでもガラスを貫通しますし、雨で水を吸って重くなった雑誌などでも窓ガラスは割れてしまいます。

 

普段は雨戸を使っていないという方も、使い方を確認しておいて、いざというときに使えるようにしておきましょう。

 

雨戸の対策まとめ

今回は、雨戸がない場合の効果的な対策について書きました。

 

ガラスが割れて飛び散ると、自宅だけでなく他の部屋やうちにも迷惑がかかりますし、もしそれで誰かが怪我をしてしまったら大変ですよね?

 

そうならないように、日ごろから雨戸がある場合は使い方の確認をしておき、雨戸がない場合も今回ご紹介した対策がすぐに出来るよう、ホームセンターなどで使う材料を用意し、いざという時の為に保管しておくといいかもしれませんね^^

 

日本には、台風シーズンにたくさん大きな台風が毎年やってきます!

その台風に備えるために、事前にしっかり対策をたてて過ごしたいですね!