ショッピングモール・スーパー・ショップ

AKOMEYA TOKYO瀬戸内今治産の鯛めしの内容量は何人前?値段や口コミもチェック!

画像引用:AKOMEYA TOKYO

今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの「瀬戸内今治産の鯛めし」について、内容量や値段、口コミでの反応を調査していきます。

「AKOMEYA TOKYO」は、「お福分けのこころ」として、想いや歴史により研ぎ澄まされた職人の技や、妥協を許さず本物を追求した姿勢から出来た商品を、人に喜んでいただきたいという気持ちで展開しています。

妥協せず追求し尽くした食品はきっと特別だし、安心して食べることができますね(#^^#)

「瀬戸内今治産の鯛めし」はどんなこだわりを持った商品なのでしょうか?

さっそく、内容量や値段、口コミでの反応を書いていくので、ぜひ、読んでみてくださいね!

 

AKOMEYA TOKYO瀬戸内今治産の鯛めし内容量は何人分食べられる?値段も知りたい!


画像引用:AKOMEYA TOKYO

ではまず、AKOMEYA TOKYO「瀬戸内今治産の鯛めし」の内容量を見ていきましょう。

内容量は、重量135g(容量2合)になります。

2合は大体ご飯4杯分なので、家族で分け合って食べてもいいし、1人では食べきれないくらい十分な量ですね(^^♪

値段は、1,296円(税込)です。

賞味期限は、製造日後180日あるので急いで食べなくても大丈夫ですよ。

原材料の情報があったので、載せておきます。

焼鯛【真鯛(瀬戸内今治産)、鯛だし、生姜】、たれ【醤油、みりん、砂糖、食塩、植物油】、松山あげ、乾燥にんじん、昆布【原材料に一部に小麦、大豆を含む】

結構、シンプルでした。
生産地は愛媛県で国産だし、食品添加物が入ってないので安心して食べることができますね♪

 

AKOMEYA TOKYO瀬戸内今治産の鯛めしの口コミをチェック!作り方は簡単?

次は、AKOMEYA TOKYO「瀬戸内今治産の鯛めし」の口コミでの盛り上がりを調査していきます。

本物を追求した商品なので期待ができそうですが(*^^*)

地元の方が言っているくらいなので、やっぱり瀬戸内産の鯛めしは美味しそうですね(#^^#)

でもこれ、どうやって調理していくんでしょうね?

作り方を見てみましょう!

☆瀬戸内今治産の鯛めしの作り方☆

1.炊飯器にお米と水を2合分入れます。
2.添付のたれを入れます。
3.具材をすべて入れます。
4.炊飯器で炊き、昆布を取り出してご飯をさっくり混ぜると出来上がりです。

袋に入っている具材は、煮た鯛、出汁昆布、小海老、松山あげです。

全部炊飯器に入れてスイッチを押すだけなのでとっても簡単ですね♪

 

AKOMEYA TOKYO瀬戸内今治産の鯛めしは簡単楽でとっても美味しい♪

今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの「瀬戸内今治産の鯛めし」について、内容量や食べ方、口コミでの反応を調査してきました。

内容量は、重量135g(容量2合)になります。

値段は、1,296円(税込)です。

賞味期限は、製造日後180日です。

原材料も添加物は入ってなく、シンプルで安心して食べれるご飯になっていましたね(^^♪

作り方も簡単で、お米2合と袋に入っている材料を全部炊飯器に入れて、あとは待つだけです!

簡単で楽に美味しいご飯が食べられるなんて、たまにはこんな贅沢してみてもいいですね。

パッケージもめでたいデザインなので、愛媛に遊びに行った時のお土産や、お祝いの贈り物に選ばれる方も多いようです。

人気商品なのでオンラインショップでは、売り切れ状態になっていることもありますが、機会があればぜひ食べてみてくださいね(^^)/

AKOMEYATOKYOの「瀬戸内今治産の鯛めし」も美味しいですが、こちらの商品も瀬戸内産の鯛めしで美味しそうですよ。

AKOMEYATOKYOあごだし梅の内容量と値段は?美味しい食べ方も伝授♪ 画像引用:AKOMEYA TOKYO 今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの人気商品「あごだし梅」について内容量や値段、口...
AKOMEYATOKYOごま和え胡麻の値段と内容量は?口コミ調査も! 画像引用:AKOMEYA TOKYO 今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの「ごま和え胡麻」について値段や内容量、口コミで...