グルメ

AKOMEYATOKYOあごだし梅の内容量と値段は?美味しい食べ方も伝授♪

画像引用:AKOMEYA TOKYO

今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの人気商品「あごだし梅」について内容量や値段、口コミでの話題性や美味しい食べ方を紹介していきます。

AKOMEYA TOKYOは、「お福分けのこころ」を通して、素材や想いや歴史により研ぎ澄まされた職人の技にこだわり、妥協を許さず、本物を追求した品を展開してくれるお店です。

食品や雑貨、美容、ファッション、文房具など、幅広い商品を取り扱っていて、オンラインショップでも見ていて飽きない楽しさがありますよ(#^^#)

では、今回紹介する「あごだし梅」とは一体どういった商品になっているのか、早速調べていくので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

 

AKOMEYA TOKYOあごだし梅の内容量はどれくらい食べられる?値段も知りたい!


画像引用:AKOMEYA TOKYO

ではまず、AKOMEYA TOKYO「あごだし梅」の内容量を調べていきましょう。

内容量は、2種類あります。

  • 10粒入り(180g)
  • 300g

梅一つ一つ個包装で入っているのですが、なんと出汁に浸っている状態で包装されているんです!

味が染みてて美味しそうですね~♪

値段はいくらなのでしょうか?

10粒入り(180g) 1,070円(税込)
300g 1,350円(税込)

1個あたり100円くらいの梅ですね!
高級梅です!

賞味期限は、製造日より120日です。

製造地は、日本(和歌山県)です。

原材料はこちらです。

梅、漬け原材料(還元水飴、食塩、醸造酢、発酵調味料、醤油加工品(醤油、蛋白加工水分解物、発酵調味料、食塩、砂糖、チキンスープ、その他)、とびうお燻製だし)/調味料(アミノ酸等)、甘味料(スクラロース)、V.B1(一部に大豆、小麦を含む)

【あごだし梅】
鹿児島県産のあごだしに紀州南高梅を漬け込んでいます。

国産の梅とだしなので安心して食べることができますね(#^^#)

 

AKOMEYA TOKYOあごだし梅の人気っぷりを口コミを調査!おススメの食べ方も伝授♪


画像引用:AKOMEYA TOKYO

次は、AKOMEYA TOKYOの「あごだし梅」がどれくらい人気があるのかを口コミ調査していきましょう!

https://twitter.com/iro_pencil_/status/1298263340469239808?s=20

https://twitter.com/caramelmilk0226/status/1275993498408284160?s=20

やっぱり人気商品なので在庫なしになっちゃうんですね。

買えたらラッキーですね!!

「あごだし梅」の楽しみ方は、ご飯のお供の他に、

  • 焼酎と炭酸水にほぐして「梅サワー」
  • 豚肉とほうれん草をサッと茹で、うどんにのせて「梅豚ほうれん草うどん」
  • キュウリを軽く塩もみした上にほぐしてのせて「梅キュウリ」

などがあります。

ぜひ、試してみてくださいね(^^)/

AKOMEYA TOKYOあごだし梅は見かけたらゲットしたい大人気商品♪

今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの人気商品「あごだし梅」について内容量や値段、口コミでの話題性や美味しい食べ方を紹介していきます。

「あごだし梅」の値段と内容量は、

  • 10粒入り(180g)⇨1,070円(税込)
  • 300g⇨1,350円(税込)

です。

賞味期限は、製造日より120日になります。

製造地は、日本(和歌山県)です。

大人気商品なので、お店では売り切れ状態なことが多いみたいでしたね。

オンラインショップでは、私が見た時は10粒入りの方だけはまだ在庫があったので、お店で買えなかったという方はオンラインショップをのぞいてみてもいいですね(#^^#)
AKOMEYA TOKYOオンラインショップ

ご飯のお供の他にも、色々な味わい方があったので毎日レシピを変えて食べ比べしてみるのも面白いです!

興味のある方はぜひ試してみてくださいね♪

AKOMEYA TOKYOの「あごだし梅」も美味しそうでしだが、こちらの梅干しも選べるセットになっていて色んな味を楽しめますよ!

AKOMEYATOKYOごま和え胡麻の値段と内容量は?口コミ調査も! 画像引用:AKOMEYA TOKYO 今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの「ごま和え胡麻」について値段や内容量、口コミで...
AKOMEYA TOKYO瀬戸内今治産の鯛めしの内容量は何人前?値段や口コミもチェック! 画像引用:AKOMEYA TOKYO 今回の記事では、AKOMEYA TOKYOの「瀬戸内今治産の鯛めし」について、内容量や値段...