インフルエンザ

インフルエンザの予防に手洗いの効果は?方法とうがいのやり方も解説!

インフルエンザの予防に手洗いは効果ある?

冬になると気をつけておきたいのがインフルエンザですよね?!

 

かかると、とても厄介な病気の一つですが、かからないためにも事前の予防対策をしておきたいですよね?

 

果たして、インフルエンザにはどんな予防法があるのでしょうか?

 

よく言われるのが、うがい手洗いですが、これらにはきちんとした予防の効果があるのでしょうか?

 

 

そこで、今回の記事では、うがいや手洗いは本当にインフルエンザ対策に効果があるのか、さらに、手洗いうがいの正しいやり方もまとめました。

 

 

ぜひ、参考にしていただき、インフルエンザの予防に役立ててくださいね^^

 

インフルエンザの予防に良い食べ物って何?

 

インフルエンザの予防にマスクは効果的なの?

 

インフルエンザの予防接種、詳しい時期と料金とは?

 

 

 

インフルエンザの予防に手洗いの効果は?うがいはどう?

インフルエンザの予防に手洗いの効果は?うがいはどう?

 

そもそもインフルエンザ予防に、うがいや手洗いは効果的なのでしょうか?

 

まずインフルエンザの感染経路に接触感染というものがあり、ウイルスが直接手や目、鼻、口について、皮膚や粘膜を通じて感染することを言います。

 

また、自分には付いていなくても、ドアノブやトイレの便座、エレベーターのボタンなど、ウイルスが付着している場所を手で触ってしまって、その手で口や鼻を触ることで、知らずうちに感染するケースもあります。

 

こういった接触感染には、十分な手洗いがとても効果的とされているんです!

 

 

どこにウイルスが付いているのか・・・なんてことは、見る事ができませんよね?

 

なので、頻繁な手洗いをすることが、ウイルスが体内に侵入しないという、大きな役割を果たしているのです。

 

 

しかし、うがいについては、インフルエンザ予防としての効果があるとは断言できていません。

 

厚生労働省でもインフルエンザ予防の対策として「うがい」は載せていません。

 

というのも、インフルエンザウイルスは気道に付着したあと、20分ほどで細胞の中に侵入してしまうので、うがいでウイルスを洗い流すことは難しいのではないかな?と私は思います^^;(20分ごとにうがいをする訳にいきませんから)

 

しかし、湿気に弱いウイルスに対して、喉や気道の保湿という意味では、やらないよりは「うがい」を習慣化して行った方が、だいぶ良いのではないでしょうか?

 

なので今回は、正しい「手洗い」のやり方と共に、「うがい」のやり方も載せておきますので、ぜひ実践していただけると、嬉しいです^^

 

 

 

インフルエンザを予防する手洗いの方法とは?

正しい手洗いのやり方

 

では、インフルエンザ予防には手洗いが重要だということが分かりましたが、そもそも皆さんはきちんと手洗いをしていますか?

 

私も間違ったやり方をしていまいがちですが、濡れた手に石鹸をつけて軽くゴシゴシするだけでは、ウイルスは全く落ちていないんです!

 

そこで、正しい手洗いの仕方を覚えて、しっかりと手に付いたウイルスを洗い流す習慣をつけましょう。

 

 

 

〈正しい手洗いの仕方〉

 

  1. 流水で手を軽く洗う
  2. 石鹸をつけてしっかりと泡立てる
  3. 手のひらや手の甲をこすり合わせながら洗う
  4. 手指の間は手を組むようにしながらよく洗う
  5. 指と爪の間もよく洗う
    ※爪の間は手を猫の手のようにして、反対の掌に立てて洗うと良い!
  6. 各指を反対の手全体でねじるように洗う
  7. 手首を洗う
  8. 流水でキレイに洗い流す
  9. 清潔なタオルで水分を十分に拭き取る

 

 

これだけの項目を改めて見てみると、普段の自分が手洗いをどれくらいできているのか・・・

が、よくわかりますね^^;

 

 

今まで、この通り出来ていたという場合はいいのですが、(果たしているのでしょうか?)出来ていない場合は、入念な手洗いで予防をしっかりとしていきたいですね!

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの予防 うがいの方法は?

 正しいうがいのやり方

 

先ほどインフルエンザの感染予防にうがいはあまり効果が見られないと言いましたが、免疫力を落とさないためには、うがいも日頃から行っていきたいですよね?

 

正しい「うがい」の仕方も載せておきますので、手洗いの方法と一緒に覚えておきましょう!

 

 

<正しいうがいの仕方>

 

  1. 水を口に含み、「グジュグジュ」と口全体でゆすぐ
  2. 水を口に含み、上を向き、「オー」と発しながらうがいをする
    ※喉の奥まで水が届くくらいしっかりと声を発する
  3. 同じことをあと2回程繰り返す


 

今回のまとめ

いかがでしたか?

 

今回は、インフルエンザの予防に「うがい・手洗い」の効果はどうか?さらに、正しい手洗いやうがいの方法についてまとめました。

 

 

結論からいうと、インフルエンザの予防に「手洗い」はとても効果的であるということはわかっているのですが、「うがい」についてはあまり・・・といったところでしょうか?

 

しかし、ウイルスは湿気に弱いのということを考えると、やはり、喉や気道の保湿という意味でも「「うがい」は必要なのではないかな?と感じました。

 

 

そして、風邪予防には「うがい・手洗い」とよく言われていますが、これはインフルエンザ予防にも通ずるものがあるのではないでしょうか?

 

今回は、うがいはあまり効果がないとお話しましたが、私は、少しでもウイルスの侵入を防ぐために継続してやっていくべきだと考えて、実行しています^^

 

他の予防方法、マスクの効果とは?

 

 

また、手洗いも帰宅後だけでなく、食事の前や料理を作る前など、こまめに行っていく方がいいでしょう。

 

 

この冬を元気に過ごすためにも、日頃から手洗い・うがいを習慣づけていきましょう^^

 

日頃の食べ物・飲み物、どんなものがインフルエンザの予防になる?!