おせち

おせちのローストビーフ 盛り付けは?詰め方も!簡単に作れるレシピもご紹介!

おせちのローストビーフ 盛り付け方法とお重への詰め方、簡単レシピ

最近はおせち料理にローストビーフを入れている方が多いですね~

 

「洋風おせち」なんて呼び方もありますが、シンプルにお正月のおめでたい席でちょっとした贅沢なお肉「ローストビーフ」をいただくのがトレンドなのです。

 

たしかに、ローストビーフは保存もききますので、「おせち」にはぴったりの料理と言えます。

 

 

そこで、今回の記事では、おせちのローストビーフを使った具体的な盛り付け方やお重への入れ方、さらに簡単に出来るローストビーフもご紹介します。

 

 

おせちの中に「ローストビーフ」が入っていたら、子供は大喜び、旦那さんもとても嬉しいのではないでしょうか?^^

 

ぜひこの記事を参考にして、挑戦してみてくださいね。

ローストビーフ食べきれない時は?

 

 

☆おせちの食材については?

中身のランキングはこれ!

具材の意味は?知っておくとハナタカかも?!

 

☆おせちの重箱は?

おせちの重箱への詰め方は知ってる?!

重箱の意味は?使い方も!

お重の仕切りは必要?

 

 

おせちのローストビーフ 盛り付けはどうすればきれいに出来る?

おせちのローストビーフ 盛り付け方は?

 

薄切りの状態で買ってきたローストビーフも、塊肉(かたまりにく)の状態のローストビーフも、お祝いの席ではきれいに盛りつけたいですよね?

 

 

そんなとき、意識していただきたいのは立体感です。

 

ローストビーフを平らに置くのではなく、立体的な丸みを持たせるイメージでお皿に盛りつけます。

おすすめは、パーティなどでもよく見られる、華やかなバラのような盛り付け方です^^

 

では、簡単にやり方を説明していきます。

 

 

ローストビーフのバラの作り方

 

1、薄切りのローストビーフを用意します

塊肉の場合は、一度冷蔵庫で冷やすと薄く切りやすくなります!

 

 

2、薄切りのローストビーフを横半分に切り、くるりと丸めます(中央の芯です)

 

3、中央の芯から少し斜めにずらして、薄切り肉をくるりと丸めます

 

4、同じ工程を3から4回繰り返してください

 

上から見るとバラになっていたら完成です!

 

☆バラが自立しない場合は、小さなゼリー用のクラスに入れてもお洒落です^^

 

ローストビーフの下に、水でさらしたオニオンやベビーリーフを敷くと彩りが増します。

 

グルービーソースは少しだけ、皿の縁にスプーンで線を書くように垂らすと、お店っぽさが出てオシャレになります^^

 

 

 

おせちのローストビーフ 詰め方は?きれいにお重に入れるには?

おせちのローストビーフ お重への詰め方は?

 

次に、ローストビーフを重箱に入れる場合の詰め方をご紹介します。

 

 

まず、「ローストビーフ」は焼き物なので、二の重に入れるようにしましょう。

 

詰め方は、お重のときも皿に盛り付けるのと同様に、立体感を意識して盛り付けます。

そうする事で、ボリュームアップと箸で取りやすいという利点があります。

 

 

簡単な盛り付け方を紹介します。

 

1、まず、薄切りのローストビーフを半分に軽く折りたたみます

 

完全に折り目が付くまで、折りたたまないようにして下さい!

 

2、折り紙で言うところの山折りの方を上にして、ふんわりとお重に置きます

 

3、ローストビーフを5,6枚ずらして重ねて置いていけば完成です

※お重いっぱいに入れすぎないようにしましょう!

 

 

その他にも・・・

 

バラのときのように、半分に切った薄切り肉を丸めて盛り付けるという方法もあります。

 

丸めた肉の真ん中に、野菜を入れても可愛いですし、栄養もアップしますので、おすすめです。

野菜は、茹でたカブや人参など、色取りがきれいなものを使うといいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

おせち 簡単にローストビーフを作れるレシピは?

おせちのローストビーフ 簡単に作れるレシピは?

 

せっかくなら、この際、ローストビーフを家で作ってみたいと思いませんか?

 

電子レンジを使った、簡単なローストビーフの作り方をご紹介しますので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね^^

 

 

☆材料(約2人分)

・牛かたまり(もも)  250g

・塩         少々

・こしょう      少々

 

(A)

・しょうゆ      大さじ1

・ケチャップ     大さじ1

・酢         大さじ1/2

・サラダ油      大さじ1/2

・生姜        1/2かけ

 

 

☆作り方☆

1 牛肉は全面に塩・こしょうをすりこみ、(A)の生姜はすりおろしてください

 

2 耐熱ボウルに(A)を混ぜ合わせ、牛のかたまり肉を入れ全体に絡めて、20~30分置きます

 

3 軽くラップをして電子レンジで2分30秒加熱して、裏返しさらに2分30秒加熱します

 

時間があれば、肉はタレから出し、アルミホイルをかけて冷まします。漬け汁もそのまま冷ましてください。

 

お使いの電子レンジによって各家庭で加熱時間に差が出ると思いますので、↑の加熱時間はあくまで目安です。必ず、ご自身で加熱できているかを確認して、時間が足りないようなら、加熱時間を長くして作ってください^^

 

4 牛肉を薄切りにし、皿に盛りつけ、タレをかけます

お好みでクレソン・ミニトマトを添えてください

 

 

☆時間が無い場合や、ちょっと奮発して贅沢したい場合はこういうのもいいかも…?!

 

 

今回のまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、おせちのローストビーフの盛り付け方やお重に詰める方法、さらに簡単なローストビーフの作り方もご紹介しました。

 

 

再度まとめると、

 

☆おせちのローストビーフを盛り付ける場合は、立体感を意識して、ローストビーフを丸めてバラを作ってみましょう。

おめでたい席に合う華やかな一皿が出来上がります。

 

 

☆重箱にきれいに詰めるには、箸で取りやすいように薄切り肉を半分に折って、お重に入れます。

あるいは、ローストビーフを丸めて、その真ん中に野菜をおく方法もおすすめです^^

 

 

☆簡単なローストビーフの作り方は「電子レンジ」を使いましょう!

ポイントは、「お肉を寝かせる時間」と、「裏返して加熱すること」です^^

 

 

ローストビーフは特別感があり、子供たちにも人気のメニューです^^

 

この機会に美味しい「ローストビーフ」を、お正月におせちとして、家族みんなでいただきましょう!

 

あなたはいつも、お節の保存は冷蔵庫?

それとも、常温のおせちが好き?