新年の挨拶

新年のメールでビジネスでは?挨拶は?社外への送り方もくわしく解説!

新年のメールでビジネスでは?挨拶は?社外への送り方もくわしく解説!

最近は年賀状だけでなく、メールで新年の挨拶を送る場合が多くなってきているように思います。

年賀状に比べると、略式とはいえ、手軽に送れるところがメールの利点ですよね?

 

しかし、手軽だからといっても「ビジネス」でのメールです。

相手の方に馴れ馴れしすぎるメールは送れませんよね?

 

 

「でも、メールって改めて考えるとどう書けばいいんだろう・・・^^;」

と、困っていませんか?

 

 

そこで、今回の記事では、新年のメールをビジネスで送る時のことや、挨拶の内容、さらに社外へ送る場合の具体的な書き方を、例ととともご紹介します。

 

これで、仕事での新年のメールは大丈夫でしょう^^

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

新年の挨拶のマナーについても知っておきましょう!

 

 

新年のメール ビジネスのときは?

新年のメール ビジネスのときは?

 

まず、ビジネスでの新年のメールはどんな風にすればいいのか?についてご紹介します。

 

 

最近は、新年の挨拶メールでの混線は前に比べれば少なくなりました。

 

けれど、手軽さから、年明けすぐのまだ相手の方がお正月休みのときに、挨拶をしようと思っていませんか?

かなり親しい間柄ならともかく、ビジネスメールなので、相手の方が休みのところにメールするということは避けた方がいいでしょう。

 

では、いつすればいいのか?

 

それは、自分の仕事始めの日に「新年の挨拶メール」を送信するのがいいでしょう。

始業日にメールすることで、本文に「1月○日から営業日である」ということも伝えることができ、便利です。

 

 

もちろん、遅くなりすぎても失礼にあたりますので、気を付けましょう。

遅くても1月7日までには、新年の挨拶メールを送信するように心掛けてくださいね^^

 

 

新年のメール 挨拶をビジネスでするときの内容は?

新年のメール 挨拶をビジネスでするときの内容は?

 

次に、新年のビジネスメールで挨拶をするときにはどんな内容がいいのか、正直迷いますよね?

そちらをご紹介します。

 

ビジネスメールを出す際は、要件を簡潔にまとめることが重要です。

なので、長々と語る必要はありません。

 

年賀状と同様に「昨年の感謝の気持ち」と「本年もよろしくお願いしますという気持ち」を込めた内容にしてください。

 

また、相手の方との昨年の思い出や、仕事での取組みについて書いておくと、喜ばれることでしょう^^

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

新年のメール 社外へ送るときは?

新年のメール 挨拶をビジネスでするときの内容は?

 

最後に、ビジネスでの新年のメールを社外へ送る時の具体的な内容を、例とともにお伝えします。

ぜひ、参考にして下さいね^^

 

 

まず、ビジネスメールなので、下記2点はしっかりと明記しましょう^^

  • 件名は分かりやすいものにする
  • 送信者が誰であるかをしっかりと記載する

 

 

件名から送信者が分からないと、迷惑メールやウイルスと勘違いされ開けてもらえない場合がありますので、注意しましょう!

====================================

件名例:新年のご挨拶 ○○会社 自分の名前

:○○会社 自分の名前より年始のご挨拶について

====================================

 

 

本文は相手の方の名前から始めてください。

役職も分かる場合は、名前の前に明記すると良いですね。

====================================

例:●●株式会社

●●●課

課長 ○○○○○

====================================

 

 

会社宛に送信する場合は、手紙と同様に「御中」を使いましょう。

====================================

例:●●株式会社御中

:●●株式会社 ●●課御中

====================================

 

 

 

他にも3つの注意点がありますので、覚えておいてくださいね。

 

1、署名の登録を忘れないようにしましょう

 

2、「BCC」で一斉送信するのは失礼にあたります

大まかな部分はコピーで構いませんが、宛先と昨年のエピソードは1人1人に宛てて、誠意を持って送信するようにしましょう。

 

3、目上の方だと、メールのみでの挨拶は失礼な場合があります

同僚や後輩・部下でしたら、メールで問題はありませんが、目上の方には年賀状や電話、直接の挨拶をすることが丁寧で好ましいでしょう^^

 

 

尊敬の気持ちを持って、新年の挨拶をすれば、相手の方にもきっと伝わりますよ!

社内の人への文例もどうぞ^^

 

 

今回のまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、新年のメールをビジネスで送る時のことや、挨拶の内容、さらに社外への具体的な例をご紹介しました。

 

 

再度まとめると、

 

新年の挨拶のメールは、始業日に送信するようにしましょう。

また、遅くても1月7日までに送信するようにしてください。

 

メールでの新年の挨拶は、「昨年の感謝の気持ち」と「本年もよろしくお願いしますという気持ち」を込めた内容にしましょう。

 

新年の挨拶のメールでも、件名には送信者が誰であるか明確にしましょう。

BCCでの一斉送信は避け、1人ずつ送ります。

その際は、誠意を持ったメールを送信するようにしましょう。

 

 

改めて、「メールで挨拶を・・・」と考えると、少し悩んでしまいますよね^^;

 

しかし、年賀状ほど形式ばったものではないので、素直な気持ちでメッセージを考えてみてください!

そうすれば、あなたの相手の方を思いやる気持ちは必ず伝わります。

 

 

気持ちの良い新年の挨拶が、相手の方に届くよう願っています^^

新年の挨拶のマナーについても!