生活

網戸の掃除でほこりは?掃除機?フィルターを付けるといいの?その理由とは!?

網戸の掃除でほこりは?掃除機?フィルターを付けるといいの?その理由とは!?

網戸についている汚れは普段どのように掃除をしていますか?

普段、なにげなく使用している網戸には、ホコリや排気ガス、砂ぼこり、花粉、最近ではPM2.5などの身体に有害な物質がたくさん付いています。

 

特に目に見えて分かるのがホコリ汚れです。

網目をよ~く見てみると、細かなホコリが付いているのが発見できますよね?

 

これらのホコリを定期的に掃除しておかなければ、網戸はどんどん汚れていってしまいます。

 

そこで、今回の記事では、網戸掃除でほこりを取る時の注意点と掃除機で上手に取る方法について詳しく解説していきます。

 

網戸のホコリについての「網戸用フィルター」のこともご紹介していきますので、網戸掃除が面倒だなぁと感じている人も是非読んでみてくださいね。

 

 

 

☆関連記事☆ 網戸掃除に便利な道具は?

網戸の掃除で簡単な方法は?おすすめ5選はこちら!

 

 

網戸の掃除でほこりを取るときの注意点は?

網戸の掃除でほこりを取るときの注意点は?

 

まず、網戸掃除でほこりを取るときの注意点をいくつか挙げていきます。

 

1つ目は、網戸のホコリは定期的に、少なくても月に1度は取っていきましょう。

 

ハウスメーカーなどは、週に1度の頻度でこまめに手入れすることを推奨していますが、仕事や育児で忙しい!という場合がほとんどでなかなかそこまで手が回りませんよね^^;

 

休みの日に掃除機をかけるついでに、網戸にまで手を伸ばせば、月に1度くらいは掃除できるのではないでしょうか?

もし、ホコリが目に留まったら、その時々でサッと掃除していけば、後々の掃除が楽になりますよ^^

 

 

次に2つ目ですが、ホコリを拭き取る方向をバラバラにしないことです。

 

網戸の網は強い力を加えると緩んだり歪んだりするので、一定方向に揃えて拭き取ることが重要です。

もちろん、網戸の掃除は、極力力をかけずにソフトタッチで行っていってくことが鉄則ですので、その点も気を付けてください。

 

 

以上の2点をしっかりと行い、お部屋掃除のときのひと手間で、はたきやブラシでサラッと拭いてホコリを取っていきましょう^^

 

 

 

網戸の掃除 ほこりを掃除機できれいに取るには?

網戸の掃除 ほこりを掃除機できれいに取るには?

 

次に、掃除機で網戸のホコリを綺麗に取るにはどうすればいいのかについてご紹介します。

 

 

週に一度や、頻繁に網戸の掃除ができる人は、はたきなどで十分でしょうが、場合によっては、定期的な掃除ができないことがあったりしますよね?

それに、もともと忙しくて、そこまで手が回らない!という場合もあります。

 

そんなときは、是非、掃除機を使って網戸のホコリを一掃してみてください。

 

ハウスクリーニングをしている業者などは、掃除機を使って網戸のホコリをキレイにする場合、新聞紙を網戸の外側にテープなどで貼り付けて、内側から掃除機で吸っています。

これは、かなり効果がありますよ!

 

新聞紙なら家にあるものですし、網戸掃除に役立つアイテムとして活躍してくれるなら嬉しいですよね^^

 

また、ホームセンターなどに売ってある、掃除機に装着するタイプのブラシを使ってもホコリがよく取れますので、一度あなたも試してみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

網戸のホコリにはフィルターを付けるといいの?

網戸のホコリにはフィルターを付けるといいの?

 

最後に、網戸のホコリを綺麗にした後の事についてご紹介していきます。

 

 

さて、ホコリを取って網戸はキレイになったけれど、またすぐに掃除をするのが面倒くさいなぁと感じませんか?

大半が感じることだと思いますが、私も網戸掃除が終わった後に、

「このきれいな状態をなるべくキープするには、どうすればいいのかな?」

と常々思っていました。

すぐに汚れますからね~網戸って・・・^^;

 

 

そんな場合に有効なのは、「網戸フィルター」というものです。

今まで知りませんでしたが、調べてみるととても便利なものでした^^

 

↓こんな商品です^^

☆ニトムズ 網戸用花粉フィルター☆

 

 

フィルターと言っても専門的なものではなくて、ホームセンターやネットなどで手軽に購入できるものです。

 

あなたは、キッチンの換気扇の油汚れをキャッチするために、フィルターを付けませんか?

原理はそれと一緒で、網戸にホコリなどが付かないように、フィルターを貼り付けるのです。

 

価格は、↑のものでも、楽天で1枚あたり900円~と、それほど高価ではないので、網戸の手入れが嫌だという場合は、こういったものを使ってみてもいいかもしれません^^

 

貼り付け方は、一度網戸の枠部を綺麗に拭いて付属の両面テープを貼り、フィルターを貼り付けます。

取り付け方は簡単ですが、網戸サッシを取り外して、テープやフィルターを貼り付けなくてはなりません。

 

なので、少し面倒かもしれませんが、これで「花粉の80%をカットしてくれる」のなら、花粉症の場合や、排気ガスがバンバン入ってくる大きな道路の近くに住んでいる場合にはいいかもしれませんね^^

 

 

うちも花粉持ちやアレルギー持ちがいるので大助かりしそうです^^

 

掃除を毎回するのがいいのか、それともこういった商品を使ってみるのがいいのか・・・

その家々により違うと思いますが、取り入れてみるのも1つの案かもしれませんね。

 

 

 

今回のまとめ

いかがでしたか?

 

今回は、網戸の掃除でほこりを取るときの注意点と掃除機でほこりを綺麗にとる方法、さらに、網戸のホコリの為のフィルターについてもご説明してきました。

 

 

再度まとめると、

 

網戸掃除の注意点は、

1、網戸のホコリは定期的に、少なくても月に1度は取ること

2、ホコリを拭き取る方向をバラバラにしないこと

 

網戸掃除のホコリを掃除機を使ってきれいにするには、

新聞紙を網戸の外側にテープなどで貼り付けて、内側から掃除機で吸っていきましょう。

 

網戸掃除を毎回するのが面倒な場合は、なるべくきれいを保つために、フィルターなどを利用しましょう。

 

 

普段から定期的に網戸掃除をしていれば、心なしか入ってくる空気もキレイに感じます^^

 

大掃除をするときにも、網戸を普段から掃除しておけば、無駄な作業が無くなるので、とても効率的に掃除ができますよ。

もし、網戸を水洗いする場合にも、一度掃除機で大まかなホコリを吸っておくと、後の掃除がラクになるので、必ず行ってください。

 

もちろん、網戸の掃除後は花粉対策も忘れずにしておきましょう!

 

 

 

☆関連記事☆ 網戸掃除におすすめのグッズは?

網戸の掃除グッズでおすすめはこれ!5つの使い方も詳しく説明しています!