バレンタイン

義理チョコの職場での渡し方やタイミングは?金額についても詳しくご紹介!

義理チョコの職場での渡し方やタイミングは?金額についても詳しくご紹介!

2月14日はバレンタインデーですね^^

仕事をしていると、やはり日ごろお世話になっている方たちへ、義理チョコを送ろかなと思ったりしますよね~

 

「でも、その義理チョコの予算ってどれくらいなんだろう・・・」

「義理チョコを配るときに、気を付けることってあるのかな?」

と悩むかもしれませんね。

 

そこで、今回の記事では、義理チョコを配るときのタイミングや渡し方、さらに金額について詳しくご紹介します。

 

これで、義理チョコについて悩んでいても、解決しますね!

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

☆関連記事☆ 友達にあげるチョコのラッピング方法もどうぞ^^

友チョコのラッピングを安く?簡単に?本のおすすめ3選もご紹介します!

 

 

 

義理チョコの職場での渡し方は?気を付ける事はある?

義理チョコの職場での渡し方は?気を付ける事はある?

 

まず初めに、義理チョコを職場で渡す場合どのようにすればいいのかを、ご説明していきます。

 

職場内で義理チョコを渡す場合は、まずはじめに、職場内の先輩や他の女性社員の方たちと相談をしてみましょう。

義理チョコを渡し方に気を付ける前に、働いている職場内では義理チョコを渡す風習があるのかないのかを確認しなければいけません。

 

たくさんの人が一緒に働いている職場では、やはり周りの雰囲気や空気を合わせることはとても重要なことです。

 

一緒に働いている先輩方に聞いてみて、そのあとどうやって渡すか?を考えましょう!

 

 

女性1人1人が、個別で義理チョコを渡すのか、女性社員でお金を出し合って均等に男性社員に渡すのか、という風に、職場での義理チョコを渡す方法はいろいろとあります。

 

その中でも、今回は、女性1人が、男性社員1人に1人に義理チョコをあげるときはどうすればいいのか?について、ご紹介します。

 

気を付けなければいけないのは、あくまでも義理チョコなので、人がいる場所で渡すことが大切です。

 

二人っきりで渡してしまうと、相手が誤解するかもしれませんし、もし他の人にその場面を見られていて、何か面倒なことになるかもしれません。

面倒なことになるのは、あなたかもしれませんし、もしかしたら、相手の方に迷惑をかける事になるかもしれませんよね?

 

そういった、後々面倒なことにならないようにするためにも、義理チョコは人がいる社内で配るのが鉄則です。

 

 

 

義理チョコを職場で渡すタイミングは?

義理チョコを職場で渡すタイミングは?

 

次に、義理チョコを渡すタイミングについてご説明します。

 

義理チョコを渡すタイミングはとても大切です。

 

タイミングの良い時間というのは、ズバリ午後3時ごろです。

 

午前中は、前日からたまっている仕事に追われ、余裕がない社員が多いのですが、午後3時頃は、1日の仕事の疲れが少しずつたまりはじめ、「コーヒーでも飲んで、少しブレイクしたいな~」と思う時間帯です。

または、ランチが終わった昼休みもいいでしょう。

 

 

気を付けなければいけないのが、男性社員が忙しくしているときや、機嫌が悪いときに渡すのは、絶対にやめておきましょう。

 

必ず、チョ子レートは、相手が「今、どういう状況なのか」を確認して配るようにしましょう!

 

チョコレートを配っているときに、ある男性社員が忙しくしていた時は、そっと一言「どうぞ」と声をかけ、メッセージを添えてチョコレートを置いていきましょう。

そうすると、相手も嫌な気持ちにならず、あとでメッセージをみて、お礼を言ってくるでしょう^^

 

義理チョコだといっても、会社の人間関係にも影響しますので、渡す場合は相手の気持ちを考えて、丁度良い時間帯に配れるといいですね^^

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

義理チョコ 職場への金額は?どれくらいのものがいいの?

義理チョコ 職場への金額は?どれくらいのものがいいの?

 

最後に、職場への義理チョコの金額についてご説明します。

 

義理チョコの予算というのは、男性社員と女性社員の比率でも変わってくると思いますが、

義理チョコの相場は500円未満というデータが多いです。

 

しかし、女性写真1人に対して、男性社員が20人もいた場合、500円未満とはいえ、凄い出費になってしまいますよね?

 

そんな時は、ファミリーパックやアソートされているものをまとめ買いして、自分でラッピングをすれば、金額は抑えることが出来ます。

今では100円ショップに行けば、小分けできる包装紙やラッピングが簡単に購入することが出来ますし、何しろオリジナルの義理チョコを作ることが出来るので、おすすめです^^

 

同僚や部下、上司の方と全員に同じ金額のチョコレートを贈ることが少し気が引けるときは、上司には、少しワンランクアップした物を送ると良いでしょう。

 

義理チョコレートの意味は、「いつもお世話になっております」の感謝のしるしでもありますから、やはり同期や後輩と上司や先輩では、少し違うものを渡してもいいと思います^^

 

気持ちの差というと、ちょっと違うかもしれませんが、やはり上司や先輩には日頃からいろいろと指導してもらっていますので、こういった機会に感謝を伝えてくださいね。

 

 

今回のまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、職場で義理チョコを渡す場合に気を付ける事や渡す時のタイミング、職場での義理チョコの金額についてご紹介しました。

 

 

再度まとめると、

 

職場で義理チョコを配る場合は、まずは、女性の先輩たちに相談することが大切です。

そのときに、その職場で決まり事などもあると思いますので、そちらを確認してください。

 

うちの職場では、渡しているよ!と聞けば、気兼ねなく配ることができますね^^

 

そして、配るときに気を付けるのは、社内の他の人がいるところで必ず渡しましょう。

間違っても2人きりの時に渡さないようにしてください^^;

本命なら別ですが・・・

義理チョコといっても、相手は勘違いしてしまうかもしれませんし、そうでなくても、もし他の人に見られていて、へんな噂が立ってしまい、相手に迷惑がかかることもあります。

 

そして、職場で義理チョコを渡すタイミングですが、なるべくなら午後3時ごろがおすすめです。

ちょっと疲れて来たなぁ~という、コーヒータイムの時に渡すと、丁度甘いものとコーヒーで疲れも取ってもらえ、喜ばれます^^

 

もし、大勢いて、中々丁度いいタイミングにならなかった場合は、メッセージと共にチョコを邪魔にならないところに置いておきましょう。

相手が忙しくしている中、無理に話しかけると、仕事の邪魔になります。

 

渡す時には相手のことを考えて、丁度いいタイミングに配れるといいですね^^

 

 

最後に義理チョコの予算ですが、平均的には500円前後がいいです。

しかし、大勢いる職場では、なかなか1人に500円もかけれない場合もありますので、そういう時は、たくさん入っているチョコを購入し、小分けにして、個々にラッピングしましょう。

 

以上を、職場での義理チョコを配る時は参考にしてみてくださいね。

 

 

義理チョコを贈るという風習は、最近では会社内では禁止になっているところもありますし、女性社員が自ら「配りません」と宣言する会社も増えているそうです。

 

バレンタインに義理チョコを贈ることに抵抗がある場合でも、「日ごろの感謝や気持ちなどを込めた、ささやかなお菓子のプレゼント」という気持ちで贈れば、社内の雰囲気も和やかになりますので、ぜひ日頃の感謝の気持ちと共にチョコを渡してみましょう!

 

 

☆関連記事☆ 職場で渡す時のことも!

バレンタイン 職場に小分けするには?義理チョコを大量に配るときのポイントとおすすめ3選!