女性の体調

足の付け根の痛みがランニングで?足が上がらない?歩くと痛いときはどうすればいいのかについてもご紹介!

足の付け根の痛みがランニングで?足が上がらない?歩くと痛いときはどうすればいいのかについてもご紹介!

ランニングは気持ちのいいものですね。趣味で普段走っている人も多いと思いますが、

長距離を走り、足が上がらなくなるほど痛くなった経験はありませんか?

 

足のトラブルが出たからと言って、簡単には走るのを諦めたくはありませんよね。

しかし、そのトラブルを放っておくわけにもいきません。

 

そこで、今回の記事では、痛みを一人で悩まず、また楽しく走れるようにするにはどうすればよいか対処法をお伝えします。

 

☆関連記事☆ 急に足の付け根が痛いのはなぜ?

足の付け根の痛みが突然?急では?和らげる方法についても具体的に解説!

 

 

足の付け根の痛みがランニングの時出た場合の対処法は?

足の付け根の痛みがランニングの時出た場合の対処法は?

まず、すぐにでも走るのをやめましょう。

 

病院に行くなら、「整形外科」がおすすめです。

 

疲労骨折まではいかなくても、坐骨神経痛の可能性があります。
おしりの付け根にある、梨状筋の筋力が不十分、またはストレッチが
不足或いは過剰な負担のため起こります。

 

走り込みの筋肉疲労の可能性がありますので、一人で何とかしようとせず、
できればスポーツ整形外科に行って、股関節やおしりの補強運動を
教えてもらいましょう。

 

足の付け根の痛みで足が上がらない場合はどうすればいい?

足の付け根の痛みで足が上がらない場合はどうすればいい?

足の付け根の痛みで足が上がらない場合は、足の筋肉が縮んでいる可能性があります。

また、足が前に出ないような、何となく足が前に出ない詰まった感じがするときは、
股関節の緊張により、本来向くべき方向を大腿骨が向いていない可能性があります。

セルフケアやストレッチで改善することもあります。

 

足の付け根の痛み 痛いと歩くときはどうすればいい?

足の付け根の痛み 痛いと歩くときはどうすればいい?

歩くのも痛い場合は、坐骨神経痛を疑ってください。

痛みの元になる筋肉を使って歩くので、歩くほど痛みが増すようになっています。

筋肉がケガをしている状態と同じため、その筋肉を動かすことによって痛みます。

痛み止めやブロック注射で痛みを止める方法が考えられますが、効果がない
可能性もあります。

筋肉が原因でしたら、トリガーポイント鍼療法という方法もありますので、
一度相談してみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

今回のまとめ

 

いかがでしたか。

 

今回は、ランニングの時、痛みやトラブルを一人で悩まず、また楽しく
走れるようにするにはどうすればよいか対処法をお伝えしました。

 

ランニングで足が上がらないとき、可能性はいろいろと考えられるようですが、
坐骨神経痛や、筋肉が損傷を起こしている場合が多いようです。

早い時期にまた走れるようになるためにも、いったん走るのを中止して、
様子を見ましょう。

整形外科、(できればスポーツ整形外科)、また痛み止めやブロック注射など
の方法も考えられますが、まず診断してもらい、足を治す方法を考えてください。

 

一日も早く痛みが取れ、再び走れる日がくることを楽しみに、治療にあたりましょう。